宫崎骏《幽灵公主》中日剧本对照

2016/02/26 04:03 · 影视剧本 ·  · 宫崎骏《幽灵公主》中日剧本对照已关闭评论
摘要:

如果你正在寻找一台颜值爆表性能又足以满足日常应用的迷你PC,那么就不妨来看看宏碁Revo One RL85吧

宫崎骏<幽灵公主>中日剧本对照

村庄遭到野猪魔神袭击,少年族长阿斯达加为保护村庄与魔神搏斗,虽然消灭了魔神,却也身受诅咒。为寻求消除诅咒的方法,阿斯达加在神婆(ヒイ様)授意下单人独骑前往遥远而神秘的西方国度。临行时,青梅竹马的伴侣卡雅送给他一柄玉刀。

アシタカ ヤックル!

(羚角马!)

カヤ 兄(あに)さまっ!

(哥哥!)

アシタカ ちょうどよかった、ヒイ様(さま)がみんな村(むら)に戻(もど)れッて

(你们来得正好。神婆叫大家快回村里去。)

少女 ジージもそう言(い)うの

(爷爷也这么说!)

アシタカ ジージが?

(爷爷?)

カヤ 山(やま)がおかしいって!

(他说山里很奇怪。)

少女 鸟(とり)たちがいないの!

(飞鸟都不见了!)

少女 獣(けもの)たちも!

(野兽也是!)

アシタカ そうか、ジージのところへ行(い)ってみる、みんなは早(はや)く戻りなさい!

(是吗?我去爷爷那里看看。你们大家快回去。)

カヤ はいッ!

(是!)

アシタカ は?!なにか来(く)る。ジージ、なんだ?

(啊?什么东西来了。爷爷,那是什么?)

ジージ わからん、人(ひと)ではない

(不知道,不是人类。) k d_9<&.y{

アシタカ 村のほうはヒイ様が皆(みな)を呼(よ)び戻している

(村子那边,神婆正在叫大家回去。)

ジージ きおったッ!タタリ神(かみ)だッ!

(来了!魔崇神!)

アシタカ タタリ神?ヤックル!逃(に)げろッ!

(魔崇神?羚角马,快逃!)

ジージ わあ~~ッッ!

(哇~~~)

アシタカ 村のほうへ行く、袭(おそ)う気(き)だッ!

(往村子那边去了。它要去袭击!)

ジージ アシタカ!タタリ神に手(て)を出(だ)すな!呪(のろ)いをもらうぞッ!

(阿斯达加!不要对魔神出手!会受到诅咒!)

アシタカ ヤックル!ビィ~~!

(羚角马!bi---)

アシタカ 静(しず)まれッ!静まり赐(たま)え!さぞかし名(な)のある森の主(ぬし)と见受(みう)けたが、なぜそのように荒(あら)ぶるのか?

(安静!安静下来!你一定是某处森林的首领,为什么要如此暴虐?)

少女 あ、お化(ば)け?! 村へ!

(啊,怪物!快回村!)

アシタカ 止まれッ!なぜ我が村を袭うッ!?やめろ!静まれ~!

(停下!为什么要袭击我的村庄?停下!安静下来!)

タタリ神 ウギャア~~ッ!(アシタカに目を射抜かれる)

(嗷~~)

村人 倒(たお)したあッ!

(打倒了!)

カヤ 兄さまッ!

(哥哥!)

村人 ヒイ様早く!火(ひ)を绝(た)やすなあ~!

(神婆快来!不能让火熄灭!)

カヤ 兄さまッ!

(哥哥!)

アシタカ カヤ、触(ふ)れるな、ただの伤(きず)ではない!

(卡雅,你不要碰,这不是普通的伤!)

村人 アシタカが手伤を负(お)った!ヒイ様はー!

(阿斯达加的手受伤了!神婆呢?)

ヒイ様 みんな、それ以上(いじょう)近(ちか)づいてはならぬぞ!

(大家到此为止,不要再接近了!)

カヤ ヒイ様!

(神婆!)

ヒイ様 この水をゆっくりかけておやり

(用这种水慢慢清洗。)

カヤ はいッ

(是!)

ヒイ様
いずこよりいまし荒ぶる神とは存(ぞん)ぜぬも、かしこみかしこみあおす..この地に冢(つか)を筑(きず)きあなたの御霊(みたま)をお祭(まつ)りします。恨(うら)みを忘れ静まり赐え..

(无所不在之神,我们冒犯了你,敬请恕罪。我们将在这里建庙,祭祀你的灵魂。请忘记仇恨,平静下来。)

タタリ神 汚(けが)らわしい人间どもめ..我(わ)が苦(くる)しみと憎(にく)しみを知るがいい...

(你们这些肮脏的人类,了解我的痛苦和憎恨就好...)

ヒイ様
さて、困(こま)ったことになった..かのシシは遥(はる)か西(にし)の国(くに)からやってきた。深手(ふかで)の毒(どく)に気触(きふ)れ体は腐(くさ)り、走(はし)り走るうちに呪いを集めタタリ神になってしまったのだ..アシタカ彦(ひこ)や!

(哎呀,大事不妙了。那头猪从遥远的西方国度来到这里,满身伤痕,腐烂的身体遍布毒素。它一路奔跑。身上的诅咒越聚越多,最后变成魔崇神。阿斯达加彦!)

アシタカ はい

(是)

ヒイ様 皆に右腕(みぎうで)を见せなさい

(让大家看看你的右腕。)

村人 おお~!ヒイ様ッ!

(噢!神婆!)

ヒイ様 アシタカ彦や、そなたには自分の定(さだ)めを见据(みす)える覚悟(かくご)があるかい?

(阿斯达加彦,你已经有了正视自己命运的觉悟了吗?)

アシタカ はい、タタリ神に矢(や)を射(い)るとき、心を决(き)めました、

(是。我把箭射向魔神之时,就已经下了决心。)

ヒイ様 その痣(あざ)はやがて骨(ほね)まで届いて、そなたを杀(ころ)すだろう

(当那些疤痕渗透到骨头,你就会死。)

村人 ヒイ様!何とかなりませぬか!

(神婆!什么都改变不了吗?)

村人 アシタカは村を守り乙女(おとめ)らを守ったのですぞッ!

(阿斯达加保护了村庄,保护了那些少女!)

村人 ただ死を待つしかないというのは

(不能就这样等死!)

ヒイ様
谁にも定(さだ)めはかえられない、だがただ待つかは自ら赴(おもむく)かは决められる、见なさい、あのシシの体に食い込んでいたモンだよ、骨を砕きはら肠(わた)を引き裂き重い苦しみを与えたのだ。さもなくばシシがタタリ神などになろうか!

(谁也不能改变命运。不过,是普通的等待,还是争取自救,要由自己决定。请看,这个就是从野猪身上取下来的东西,它使野猪骨骼粉碎、肝肠寸断,承受了巨大的痛苦。不然野猪怎么会变成魔崇神?)

ヒイ様
西の国でなにか不吉なことが起(お)こっているのだよ、その地に赴(おもむ)き昙(くも)りのない眼(め)で物事(ものごと)を见定めるなら、あるいはその呪いを绝(た)つ道が见つかるかも知れぬ、

(西方国度正在发生某种不祥之事。如果前往那里,用自己的眼睛去拨云见日、查明真相,或许可以找到消除诅咒的方法。)

アシタカ はい

(是。)

村人
大和との戦(いくさ)に败(やぶ)れ、この地に潜んでから五百有余年(ごひゃくゆうよねん)、いまや大和の王(おう)に力はない、将军(しょうぐん)どもの牙(きば)も折(お)れたとき。が我が一族(いちぞく)の血もまた衰(おとろ)えた

(我们被大和打败,退守在这里已经有五百多年。现在大和王朝国力衰退,将军们也都老朽不堪。但是我族也已势单力孤,无法与之抗衡。)

村人 このときに、一族の长(おさ)となるべき若者が西へ旅立つのは定めかも知れぬ

(这个时候,我族中作为族长的年轻人要去西方游历,或许这就是命运。)

ヒイ様 掟(おきて)に従(したが)い见送(みおく)らぬ。健(すこ)やかにあれ

(根据族规,我不送你,你自己多多保重。)

カヤ 兄さま!

(哥哥!)

アシタカ カヤ!?见送(みおく)りは禁(きん)じられているのに

(卡雅?族规禁止为我送行的啊!)

カヤ お仕置(しお)きは受けます、どうかこれをわたしの代(か)わりにお供(とも)させてください、

(我甘愿接受惩罚,无论如何,请将这个当成我,带在身上吧。)

アシタカ 大切な玉(ぎょく)の小刀(こがたな)じゃないか?!

(这不是你那柄珍贵的玉刀吗?)

カヤ お守りするよう息(いき)を吹き込みました、いつもいつもカヤは兄さまを想っています、きっと、きっと...

(它会一直守护着哥哥。卡雅也会经常想着哥哥的。一定,一定...)

アシタカ わたしもだ、いつもカヤを想う

(我也是,我会一直想着卡雅的。)
阿斯达加在西行路上偶遇云游僧(ジコ坊),从云游僧口中,听到了关于麒麟兽(シシ神)的传说。犬神莫挪(モロの君)袭击达达拉运粮队受伤,阿斯达加在河边与正在为莫挪疗伤的幽灵公主珊初逢。阿斯达加与受伤的达达拉人甲六一起穿越麒麟兽森林,前往达达拉城。

とある村にて

アシタカ 戦?!

(战争?) )

兵 回りこめッ!

(你回来!)

村人 きゃあ~!

(呀!)

兵 野郎、兜首(かぶとくび)だッ!いざ、胜负胜负ッ!

(混蛋!快来受死!一决胜负!)

村人 ひえ~ッ!

(哈!)

アシタカ やめろ~!

(停下!)

兵 ン?あれ?ひゃあ~ッ!

(哎?啊!)

アシタカ なんとこの腕は...

(这只手怎么了?)

兵 逃がさぬぞ~!见参(けんさん)~!

(不要跑!接招!)

アシタカ 押(お)し通(とお)るう!邪魔(じゃま)するなッ!

(让我过去!别挡路!)

兵 鬼(おに)だ...!

(是鬼吗?)

アシタカ 痣が浓(こ)くなっている...

(疤痕颜色变深了...)

ジコ坊 へへ、何とも白汤(さゆ)みたいな饭(めし)だな..お、いたいたッ!

(唉,简直是白水一样的饭哪。噢,来了来了!)

アシタカ これでよいか?

(这个可以吗?)

米売り なんだいこりゃあ、お足(あし)じゃないじゃないか?!お足がなきゃ米を返しなッ!

(这个是什么,这个不是钱吗!如果没钱就把米还给我!)

ジコ坊
待て待て、拙僧(せっそう)が见てやろう!ウ~ン?お、こりゃあッ!女、これは砂金(さきん)の大粒(おおつぶ)だぞ!そうだ、代金(だいきん)がいいのならワシが払(はら)おう!これを譲(ゆず)ってくれ!皆の众、この近くに両替屋(りょうがえや)はおらんかのう!あ~?おらんか!拙僧の见るところ米一表(いっびょう)か..いや、三表(さんびょう)か..あ~、チョト待ちなさい!

(等等,让拙僧来看看!嗯?噢!这个!女人,这个是大粒的金砂呀!对了,如果他没带钱就让我来付好了,请交给我!大家说说,这附近有换钱的地方没有?啊?有没有?依拙僧的看法,这个东西可以换一斗米,不,是三斗!啊,等一下!)

米売り 返しておくれ、わたしンだから

(金子还给我!那是我的!)

ジコ坊
お~~いッ!おい、そう急(いそ)がれるな!いや~、礼などと申す気はない、礼を言いたいのは拙僧のほうでな、田舎(いなか)侍(さむらい)の小竞(しょうせ)り合いに巻(ま)き込(こ)まれたおり、そなたのお阴で助かったのだ!いや~、鬼神(きしん)の如(ごと)きとはまさにあれだな!おほほう..気づいたか、人前などで砂金なぞ见せるとな、まことに人の心の荒(すさ)むこと、あさの如(ごと)しだ...寝込(ねこ)みを袭われてもつまらぬ、走るか?

(喂!喂!别走那么快!呀,我不是来要你道谢的,其实该道谢的应是拙僧我才对。刚才在乡村小路上与武士发生冲突,多亏你救了我!呀,人心的贪婪就像鬼神一样!哈哈,小心一点,不要在众人面前拿出金砂,人心险恶,不可不防。睡觉时被人袭击就麻烦了。要跑吗?)

ジコ坊 ほお~、イノシシがタタリ神になったか..

(噢,野猪变成魔崇神吗?)

アシタカ 足迹を辿(たど)ってきたのですが、里(さと)に下りたとたんわからなくなりました

(我是追寻它的足迹而来的,但是在半途就失去了线索。)

ジコ坊
そりゃあそうだろ、そこらを见なさい、この前きた时にはそれなりの村があったんだが、洪水か地滑りか..たくさん死んだろうに...戦、行き倒れに、病に饥え..人界は恨みを饮んで死んだ亡者でひしめいとる..タタリというならこの世はタタリそのもの...フ、フ、フ~、ウン、うまい~

(是这样的呀。你看那边。上次我来的时候,这里曾经是一座村庄。后来发生了洪灾,死了很多人。战争而死的人、倒在路边的人、因疾病或饥饿而死的人,世上充满了各种含恨而死的亡魂。如果说存在魔崇神,这个世界本来就是魔神肆虐。呼...呼...呼...好吃)

アシタカ 里へ下りたのが间违いでした、二人もあやめてしまった...

(也许我来到这里是个错误。两个人都受到了伤害。)

ジコ坊
へ、いやお阴で拙僧は助かった、椀(わん)を出しなさい、まず喰わねば..人はいずれ死ぬ、遅いか早いかだけだ、お、雅(みやび)な椀だな、そなたを见ていると古い书に伝わる古(いにしえ)の民(たみ)を思い出す、东の果(は)てにアカシシにまたがり、石の矢じりを使い勇壮なエミシの一族ありとな..肝心な事は死に喰われぬ事だ、あ、いや师匠の受け売りだがな...そなたの米だ、ドンドン食え!
_?

(唉,但是你也救了我。把碗拿出来,快吃吧。人总有一死,只是或迟或早而已。噢,好雅致的碗。看到你,我就想起了古书中记载的那些先民的事。在东方的边境地区,有骑着羚羊、使用石箭的神秘部族。人只有吃饭才能活命,这是师匠教给我的真言哪。来,你的米,多吃点吧。)

アシタカ このようなモノを见たことはありませんか?

(您见过这个东西吗?)

ジコ坊 これは?

(这个是?)

アシタカ イノシシの体からでてきました、巨大なイノシシに濒死(ひんし)の伤を与えたモノです。

(从野猪身体里取出来的。让巨大的野猪受伤而濒临死亡的东西。)

ジコ坊 これよりさらに西へ西へと进むと、山の奥のまた奥に人を寄せ付けぬ深い森があるという、シシ神の森だ。

(从这里一直往西方前进,据说在人类无法居住的深山之中,有着深不可测的密林。那是麒麟兽的森林。)

アシタカ シシ神の森..?

(麒麟兽森林?)

ジコ坊 そこでは獣は皆大きく太古のまま生きていると闻いた..

(那里的野兽都非常巨大,听说从太古时代一直生存到现在。)

翌朝...

ジコ坊 やはり行くか...

(你果然走了...)

エボシ御前 皆、後(あと)わずかだ、油断(ゆだん)すまいぞ!

(大家注意,快要到了,都小心点!)

护卫 でたぞッ!山犬(やまいぬ)だッ!

(出来了!是山犬!) _!F| iL _

エボシ御前 牛を落ち着かせろッ!焦(あせ)らずに阵(じん)を组(く)め!

(控制住牛群!不要着急,组成阵形!)

护卫 决して火薬を濡らすな!十分に引き寄せろッ!

(绝对不能弄湿火药!等靠近了再打!)

エボシ御前 一番放てッ!

(第一波射击!)

エボシ御前 二番放てッ!

(第二波射击!)

彦佐 ふ化け物め。口程(くちほど)にもない..

(怪物,只是虚张声势。)

エボシ御前 あれは子供だ、母亲はなぜ来ない?...モロだッ!

(那只是孩子,为什么母亲没来?...是莫挪!)

牛饲い うわ~~ッ!

(哇) )

エボシ御前 モロ、こいッ!

(莫挪,来吧!)

彦佐 やりました!

(干掉了!)

エボシ御前 きやつは不死身だ、これぐらいでは死なん..

(那家伙是不死之身,不会这样就被消灭。)

彦佐 だいぶやられましたな..

(我们的人也死伤不少。)

エボシ御前 すぐ出発しよう、

(马上就出发。)

彦佐 谷に落ちた者はいかがします?

(落入山谷的人怎么办?)

エボシ御前 队列を组み直せ!

(重新组成队形。)

アシタカ あッ!息がある!シッカリしろッ!....あッ!

(啊!还有呼吸。你振作一点!)

サン ズズ~、ペッ!ズズ~、ぺッ!

(嗞嗞、呸、嗞嗞、呸)

モロの君 ガルルルル~ッ!

(呜噜噜噜...)

アシタカ 我が名はアシタカ、东の果てよりこの地へきた!そなたたちはシシ神の森に住むと闻く古い神か?

(我名叫阿斯达加,从遥远的东方来到这里!听说你们居住在麒麟兽森林里,你们是古神吗?)

サン 去(た)れッ!

(走吧!)

甲六 うわわ~~ッッ!

(呜哇!)

アシタカ こだま?ここにもこだまがいるのか?静かに、动くと伤にさわるぞ。

(小树精?这里也有树精吗?你镇静下来,不要动,不然会受到伤害。)

甲六 へい?

(是)

アシタカ 好きにさせておけば悪さはしない、森が豊かな印(しるし)だ。

(这些小东西没有恶意,不会害你。它们是森林繁茂的象征。)

甲六 こいつはシシ神を呼ぶんだ!

(它们会叫来麒麟兽!)

アシタカ シシ神?大きな山犬か?

(麒麟兽?巨大山犬吗?)

甲六 违うッ!もっとおっかない化け物の亲玉(おやだま)だッ! うわッ!消えたあッ!うわ~ッ!

(不是,是更加可怕的妖怪之王!哇,消失了!)

アシタカ ヤックルが平気でいる..危険なモノは近くにいない..

(羚角马没有异常。它不会靠近危险的东西。)

甲六 うわあ~ッ!

(哇!)

アシタカ すまぬが、そなた达の森を通らせてもらうぞ

(对不起,我想穿过你们的森林。)

甲六 お愿えです、戻りましょうよ。向こう岸なら道がありやす!この森を抜けるなんて无茶だッ!

(拜托,请回去吧!如果到岸边去,还有路可走。要这样穿过森林是不可能的!)

アシタカ 流れが强すぎて渡れない..それにこの怪我人は早くしないと手遅れになるぞ。道案内をしてくれているのか、迷い込ませる気なのか..

(水流太急,无法渡过。如果不快一点的话,这个重伤员就没救了。它们是想带路,还是想让我迷路?)

甲六 旦那!こいつらワシらを返さない気なんですよ!ドンドン増えてやすぜえッ! _

(少爷!这些东西好像不想让我们回去!它们越来越多了!)

アシタカ お前达の母亲か?立派な木だ.....おおッ!あの少女と山犬の足迹だ...ここは彼らの縄(なわ)ばりか..

(你们的母亲呢?是那棵大树?噢,那个少女和山犬的足迹!这里是他们的领地吗?)

甲六 旦那。今度こそやばいですよ。ここはあの世の入り口だ...

(少爷,这次可能凶多吉少了。这里就是另一个世界的入口。)

アシタカ そうだな、チョッと休もう!....足迹..蹄が三つ?まだ新しい...はッ!?ウッ!ぐぐッッ!

(是吗?休息一下吧。足迹!分成三叉的蹄印!还很新...啊?噢!)

甲六 旦那!どうしたんで?

(少爷,怎么了?)

アシタカ ウッ!う.......う、はぁはぁ...

(呜,啊啊...) 4__+P___v6

甲六 旦那、大丈夫ですかい?颜色が真っ青ですぜ..だからヤバイって!

(少爷,您不要紧吧?脸色很难看。所以我说凶多吉少。)

アシタカ お前、ナニか见たか?

(你看见了什么?)

甲六 へ?

(咦?)

アシタカ いや、いい...もうチョッとの辛抱だ。しっかりしろ

(呀,不要紧。再忍耐一下吧。振作起来。)

兵 すまねぇ...

(对不起。)

アシタカ 行ってしまった.....

(它已经走了...)

アシタカ なぜだ。あれから急に体が軽くなった..

(为什么?从那时起,身体就轻松起来了。)

甲六 あれ?!痛くねえや!治(なお)った!イテテテテ...あ、やっぱり折れてる。

(咦?手不疼了!治好了!疼...果然是折断了。)

阿斯达加进入达达拉城,结识了统治这里的乌帽女当家(エボシ御前),也得知曾经诅咒自己的魔神正是由于被女当家打伤才变成魔神。女当家一心想要消灭麒麟兽和莫挪,建立富裕的国家。与达达拉人一起生活过一个晚上以后,阿斯达加决定继续西行。

甲六 わあッ!旦那すげえッ!ドンビシャだ!タタラに着いた!

(哇!少爷,厉害!我们终于到了达达拉城了!)

アシタカ まるで城だな...

(简直是一座城堡。)

甲六 エボシさまの大タタラでさあ。砂鉄を沸かして鉄を造ってるんです、お~~いッ!

(这就是女当家大人的大达达拉!是个融化铁砂炼铁的地方。喂!)

タタラの人 お!

(噢!)

甲六 お~~いッ! __

(喂!)

タタラの人 森から人が来る....もののけか?

(森林里有人出来,是不是妖怪?)

甲六 お~~いッ!俺だ!牛饲(うしか)いの甲六(こうろく)だあッ!

(喂!是我!养牛的甲六!)

石火矢众 嘘じゃないッ!いま船でこっちへ来る!おうおう、颜もしかと见たのか?

(不骗你!现在船正向这边开来!噢噢,你们看见了吗?)

彦佐 ア~ンッ!何事だあッ!俺が字を书いているときは静かにしろッ!

(啊!什么事啊?我写字时你们安静一点!)

タタラの人 死んだはずの甲六が向こう岸にでたんでさあ!

(是那个死了的甲六,他就在船上,马上要靠岸了!)

彦佐 な、なにいッ!?

(什么?)

ヤックル ブルルル..

タタラの人 幽霊じゃねえな!他のヤツはどうした?あと2人落ちたんだあッ!

(你们不是幽灵吧?其他的人怎么样了?还有两人落入山谷。)

甲六 助けられたのは俺达だけだ...

(被救的只有我们而已。)

タタラの人 死ぬのは牛饲いばかりさ!

(死掉的都是养牛人啊!)

彦佐 开けろッ!

(让开!)

タタラの人 ゴンザさま。あの赤头巾の者、何者でしょう?

(哥特大人,那个戴头巾的人是谁?)

彦佐 见惯れぬ姿だな....

(没见过。)

甲六 石火矢の众よ、この旦那がズッと负ぶってくださったんだ!礼をいっとけ!あッ!いててて、そこ持つなって!あたあッ!

(火枪队的各位,就是这个少爷背着我们来到这里的!向他道谢吧。啊!疼!不要碰那里!)

彦佐
てッ!そこのもの待てえッ!怪我人を届けてくれた事、まず礼を言う。だが得心がいかぬ。われらがここへ着いて半时もせぬうちにお前は来た。しかも谷底から大の大人を担ぎ、シシ神の森を抜けてだと!?

(那个人,等一下!把伤员送回来这件事,要向你道谢。但是我有一点不明白。你来到这里只花了我们所用时间的一半,而且你从谷底把这么大的人背上来,还能穿过麒麟兽森林,你...)
_

おトキ あんたあ~ッ!生きとったんかあッ!

(老公!你还活着吗?)

甲六 おトキ~!

(多姬!)

おトキ あ~あ~あ、このぐずッ!牛饲いが足をくじいてどうやっておマンマ喰ってくんだよッ!

(啊-啊!你这个笨蛋!养牛的脚受了伤,今后还怎么养家糊口?)

甲六 ン、ン、だって...

(但是...)

おトキ 心配ばっかりかけやがって..いっそ山犬に喰われてしまえば良かったんだ!そうすりゃアタイはもっといい男见つけてやる!

(你只会给我添麻烦!不如让山犬把你吃掉算了,这样我就可以另找好男人改嫁!)

タタラの人 ははははは...

(哈哈哈...) GSi>l,_y '

甲六 おトキ!堪忍してくれよ~!

(多姬!原谅我吧!)

彦佐 おトキ!夫妇喧哗はよそでやらんかいッ!

(多姬!你们两口子不要吵架了!)

おトキ なにさ、伟そうに!怪我人を舍ててきやがって..なんのための护卫なのさ!普段タタラのひとつも踏まないんだ、いざという时は命を张りやがれッ!

(什么?你不要太神气!把伤员丢在一边不管,你算什么护卫!平时你也不来达达拉看看,一旦有事的时候你才知道叫别人去卖命!)

彦佐 仕方なかろう...ぐ..

(没办法吗...)

おトキ ありがとう、あんな亭主(ていしゅ)でも助けてくれてうれしいよ!

(谢谢。很高兴你救了我的丈夫。)

アシタカ よかった、连れてきてはいけなかったのかと心配してしまった..

(太好了。我刚才还担心是不是应该带他回来呢。)

おトキ え?!ハハハハハッ!へぇ~、いい男じゃないかチョッと颜を见せておくれよ

(咦?哈哈哈!哎,是个帅哥吗?让我看看你的脸?)

エボシ御前 ゴンザ、あとで礼を言いたい、客人を案内しなさい。甲六

(哥特,等一下我要向客人道谢。你把他带过来。甲六。)

甲六 へい!

(是!)

エボシ御前 よく帰ってきてくれた、すまなかったな

(你能平安归来很好。对不起。)

甲六 へ、へい...

(是、是...)

おトキ そんな灭相(めっそう)もないエボシ様、バカがつけあがるだけですよ!

(女当家大人不要这样说,只能让这个笨蛋感到骄傲而已。)

エボシ御前 トキも堪忍(かんにん)しておくれ、わたしが付いていたのにざまあ无かった...

(多姬,也要请你原谅。这次由我来带队结果很丢脸。)

おトキ い~~いいえ、男达だけだったら今顷みんな仲良く山犬の腹ん中に纳まってますよ!

(不是的,如果只有男人的话,他们现在早就都被山犬吃下肚了!)

タタラの人 ほんとう~、违いない~!

(真的!没错!)

エボシ御前 旅のお方、ゆるりと休まれよ。

(旅行者,你好好休息吧。)

おトキ あらあッ!やっぱりいい男じゃない!

(啊!果然是个小帅哥!)

タタラの人 モロをやっつけて运んだ米だ、ありがたく食えよ~!

(这是打败莫挪而夺回来的米!安心地吃吧!)

タタラの人 早くしなよお!

(快一点!)

タタラの人 あの人?ホント、トキのいったとおりじゃん!いい男ねえ!ちょっと若すぎる~年なんか平気なくせに。

(那个人?真的,跟多姬说的一样!真是个帅哥!好像太年轻了!不在乎年龄。)

牛饲い 静かにしねえかッ!通夜やってんだぞ!いい男ならここにもいるぞ~!

(你们安静一点!我们整夜都要工作!这边也有帅哥呀!)

タタラの人 やなこったあ!牛饲いなんて..ねえ旅のお方、アタイらのとこへきなよ~!こんな臭い小屋はやめてさあ!

(我们才不要养牛的呢!对了旅行者,到我们这边来吧!别再住这间臭烘烘的小屋了!)

牛饲い なんでえッ!俺达が命挂けで运んだ米を食らってよ、口が腐るぜッ!

(说什么!我们豁出性命才换来大米给你们吃,你们小心嘴巴烂掉!)

タタラの人 フン!その米を买う鉄は谁が作ってんのさ!アタイ达は夜ッびでタタラを踏んでるンだッ!

(哼!买米的铁是怎么来的?是我们整夜踩风箱劳动才造出来的!)

アシタカ もし良かったらあなた达の働くところをぜひ见せてください

(如果可以的话,请让我看看你们劳动的地方。)

タタラ踏み ほんとかい!じゃあ白粉涂ってタタラを踏まなきゃあ!キャハハハハ、ハ、ハ、ハ ^!

(真的吗?那我们可要涂了白粉再去踩风箱!哈哈哈)

タタラ踏み 红もさす?本当だよ、待ってるからねえ~!

(也要涂口红吗?真的。我们等你啊!)

牛饲い 旦那、気をわるくしねえでくだせえ...だいたいエボシ様が甘やかしすぎるんで。

(少爷,请不要介意。主要是女当家大人把她们宠坏了。)

アシタカ いい村は女が元気だと闻いています

(听说这村子里的女人都很活泼。)

牛饲い でもな、タタラ场に女がいるなんてな..普通は鉄を汚すって、そりゃ嫌(いや)がるもんだ..

(但是在达达拉的炼铁厂有女人在工作。一般来说女人们都嫌炼铁很脏。)

牛饲い エボシ様ときたら、売られた女を见るとみんな引き取っちまうんだ、优しい方なんだよう..

(但是女当家大人却喜欢收留那些被卖身的女人们。她其实是个很温柔的人)

牛饲い じいさん、口から饭がでてるよ!

(爷爷,你嘴里的饭掉出来了!) ,

牛饲い そのくせよ、掟も祟りもヘッチャラな怖い人や!

(但是,她不怕任何诅咒和怪物!)

牛饲い そうそう、山犬なんか目じゃねえぞ!ナゴの神をやったときなんか见せたかったぜ。なあ!

(是啊是啊!她连山犬都不放在眼里!特别是消灭拿各神那一战,真是厉害!)

アシタカ ナゴの神?

(拿各神?)

牛饲い
すげえでかいイノシシでよ、この辺(あた)りの主だったのよ、でよ、谁も山に近寄れねえ..お宝の山を见ながら人间様は指をくわえてたのよ、このシモじゃあ砂鉄を取り尽くしちまったからな..

(它是一头巨大的野猪,曾经是这里的主人。有它在,谁也不能靠近这座山。所以,大家只能眼睁睁地看着满山的宝藏,却无法动手去开采。但是,下面的铁砂总有采完的一天...)

牛饲い 何人ものタタラ师がここを狙ってよお、みんなやられちまッたんだ!

(曾经有一些达达拉的采矿者在这里遭到袭击,他们都被杀掉了。)

牛饲い 俺たちの稼业は山を削るし、木を切るからな。...山の主が怒ってな...

(我们的工作是开山砍树,山之主一定在生气...)

牛饲い お、始めたな ,

(哦,开始了。)

牛饲い そこへエボシ様が石火矢众(いしびやしゅ)を连れて现れたってわけだ....

(后来女当家大人带领火枪队出现在那里!)

牛饲い どうしたんで?腕が痛むんて?

(怎么了?手腕很疼吗?)

アシタカ いや、そのイノシシのことを考えていた、いづくで果てたか、さぞ恨みは深かろう..

(不,我在想那头野猪的事。不管怎样,它对人类的仇恨一定很深。)

エボシ御前 アシタカとやら、待たしてすまぬな、いい钢(はがね)だ、明日の送りの仕度に手间取ってね..チョッと休もう、皆にそう言っておくれ!

(阿斯达加,让你久等真对不起。这块钢不错。明天的运送可能要多花时间准备,你们好好休息吧。请这样转告大家。)

タタラの人 へい!

(是!)

エボシ御前 そなたを侍どもかもののけの手先と疑う者がいるのだ、このタタラ场を狙うモノは沢山いてね、旅の訳を闻かせてくれぬか?

(这里有人怀疑你是武士或妖兽族派来的奸细。因为很多人都想夺取这座达达拉城。能否把你旅行的目的告诉我?)

アシタカ
このつぶてに覚えがあるはず..巨大なイノシシ神の骨を砕き肉を腐らせタタリ神にしたツブテです、この痣はそのイノシシにとどめを刺したときに受けたモノ、死に至る呪いです

(你一定还记得这个弹丸吧。就是这个弹丸,打碎了巨大的猪神的骨头,让它的肉腐烂,而变成魔崇神。这些伤痕就是刺杀猪神而留下的。这是致我于死地的诅咒。)

エボシ御前 そなたの国は?见惯れぬシシに乗っていたな?

(你的国家呢?习惯骑羚羊吗?)

アシタカ 东と北の间より...それ以上はいえない..

(我的国家在东北方,我只能告诉你这些。)

彦佐 き、きさま~正直に答えぬと叩き切るぞッ!

(你这小子,不好好回答,我砍了你!)

エボシ御前 そのツブテの秘密を调(しら)べてなんとする?

(你调查那个弹丸的秘密。准备做什么?)

アシタカ 昙り无き眼で见定め决める

(我想亲眼看清楚再做决定。)

エボシ御前 昙り无き眼?ははははは、あははははは、わかった、わたしの秘密を见せよう、きなさい

(亲眼看清楚?哈哈哈,哈哈哈哈。知道了。让你看看我的秘密。跟我来。)

彦佐 エボシさま!

(女当家!)

エボシ御前 ゴンザ、あとをたのむよ。

(哥特,后面就拜托你了。)

彦佐 へ、ちぇいッ!

(切!)

▽ _

エボシ御前 ここは皆恐れて近寄らぬわたしの庭だ、秘密を知りたければきなさい..邪魔するよ..

(这里是我的庭院,大家都不敢靠近它。想知道我的秘密就过来。打扰了。)

石火矢づくり ちょうど组み上がったところですよ

(马上就可以组装好了。)

エボシ御前 まだチョッと重いなぁ..

(还是重了一点。)

石火矢づくり そのように軽々と持たれても..あまり削ると胴金がはじけます。

(现在已经很轻了,可以拿动。如果再减轻重量,外面的金属可能掉落。) _

エボシ御前 わたしだけが使うのではない、ここの女达に持たせるのだ、

(不止是我要使用。要让这里的女人们都用上。)

石火矢づくり ははは、さぞ见物でしょうねえ!

(哈哈,这样就很好。)

エボシ御前 このものたちが考案したあたらしい石火矢だ、明国のモノは重くて使いにくい、この石火矢なら化け物も侍の铠も撃ち砕けよう..

(这是这些人发明的新型火枪。明国的火枪太重而不便使用。使用这种火枪,连怪物的外壳和武士的铠甲都能打碎。)

石火矢づくり 怖や、怖や..エボシ様は国崩しをなさる気じゃ、

(真可怕真可怕。女当家大人想要毁灭整个国家。)

エボシ御前 急がせてすまぬな、後で酒など届けよう。

(让你们不停地赶制真对不起。等一下给你们拿酒来。)

石火矢づくり そりゃあ豪気じゃ!

(太好了!)

アシタカ あなたは山の神の森を夺いタタリ神にしても饱きたらず、その石火矢でさらに新たな恨みと呪いを生み出そうというのか!?

(你夺取山神的森林,让它变成魔神还不够,还要用那种火枪再制造更多的新的仇恨和诅咒吗?)

エボシ御前 そなたには気の毒だった..あのツブテ确かにわたしの放ったモノ..愚かなイノシシめ、呪うならわたしを呪えばいいものを..

(真的很同情你。那个弹丸确实是我放出去的。愚蠢的野猪,如果要诅咒的话,就来咒我好了。)

エボシ御前 その右腕はわたしを杀そうとしているのか?

(你想用那只右手来杀我吗?)

アシタカ 呪いが消えるモノなら私もそうしよう、だがこの右腕、それだけでは止まらぬ!

(如果能让诅咒消失,我就会这样做。但是这只右手仍然会是这样,于事无补。)

エボシ御前 ここのモノをすべて杀すまで静まらぬのか?

(你把这里的人全部杀光也没用。)

石火矢づくり エボシさま、长が何か申しております

(女当家大人,阿长有话要说。)

长様
エボシ様、その若者の力を侮(あなど)ってはなりませぬ、お若い方!わたしも呪われた身ゆえ、あなたの怒りや悲しみはよくわかる...わかるからどうかその人を杀さないでおくれ..その人はワシらを人として扱ってくださった、たった1人の人だ、ワシらの病を恐れず、ワシの腐った肉を洗い布を巻いてくれた...ウ~、グフ、フ....

(女当家,千万不要轻视那个年轻人的力量。年轻人!我的身体也遭受过诅咒,你的愤怒和悲哀,我都可以理解。虽然可以理解,但是,无论如何请你不要杀那个人...那个人是能够照顾我们、善待我们的唯一的人。她不怕我们的病,为我们清洗腐肉,用布替我们包扎伤口...咳...咳)

石火矢づくり 长!

(阿长!)

长様 生きることはまことに苦しく辛い..世を呪い人を呪い..それでも生きたい..どうか愚かなワシに免じて _

...

(活着,真是一件痛苦和辛酸的事。世界被诅咒,人也被诅咒。不过我想活下去。无论如何,请看在愚蠢的我的面子上...)

エボシ御前 また来ていたか.....夜になるとああして戻ってくるのだ、山を取り戻そうと木を植えに来る..アシタカ、ここにとどまり力を尽くさぬか?

(它们又来了。夜幕降临以后,它们就会回到这里,为夺取山林而赶来种树。阿斯达加,你想留在这里尽力工作吗?)

アシタカ あなたはシシ神の森まで夺うつもりか?

(你想要夺取麒麟兽的森林吗?)

エボシ御前 古い神がいなくなればもののけ达もただの獣になろう、森に光が入り山犬どもが静まれば、ここは豊かな国になる..もののけ姫も人间に戻ろう..

(如果没有古神,妖兽族也只是普通的野兽而已。阳光照射森林,山犬会被打败,这里就可以成为富裕的国家。幽灵公主也会变成人类。)

アシタカ もののけ姫?

(幽灵公主?)

エボシ御前
山犬に心を夺われた哀れな娘だ...わたしを杀そうと狙い続けている..シシ神の血はあらゆる病を愈すと闻いている..业病に苦しむあのもの达をいやし、そなたの痣を消す力もあるかもしれぬぞ...

(她是被山犬夺走心灵的可怜女孩。一直想要杀掉我。传说麒麟兽的血可以治愈百病,能够治愈里面那些久病不愈的人,说不定也可以让你身上的疤痕消失。)

石火矢づくり エボシさま。首尾はいかがでしょうや?

(女当家,火枪性能如何?)

エボシ御前 上出来だ、まさに国崩しにふさわしい!が、やはりチョッと重いなぁ...

(非常好。威力正适合造反之用。不过,还是稍微重了一点。)

石火矢づくり ハ、ハハハ、怖や怖や..

(哈哈哈,真可怕。)

歌:

ひとつ ふたつは

赤子(あかご)もふむが

みっつ よっつは

鬼(おに)も泣(な)く 泣く

タタラおんなは   こがねのなさけ

とけて流(なが)れりゃ

刃(やいば)にかわる

おトキ あ、あんたッ!

(你、你来了!)

アシタカ おトキさん、わたしも踏ませてくれ!

(多姬,请让我也来踩几下。)

おトキ え!え、チョッとあんた!

(哎?你等等!)

アシタカ 代わってくれないか?

(让我来代替你可以吗?)

タタラ踏み ええ?!

おトキ セッカクだから代わってもらいな!

(难得他是特意来的,就交给他吧。)

タタラ踏み あ、うん!すごい力! ).

(啊,嗯!好大的力气!)

タタラ踏み ホントに来てくれたんだね!

(你真的来了!)

タタラ踏み ね、いい男だろ!あらあらこの人、裾を気にしてるよ!

(真是个帅哥!喂,那个人,小心你的衣服下面!)

おトキ そんなに力むと続かないよ旅人さん!

(旅行者,你这样用力可就不能持久。)

アシタカ 厳(きび)しい仕事だな..

(很辛苦的工作。)

おトキ そうさ。四日五晩踏み抜くんだ、

(是啊。要踩四天五夜才能完成。)

アシタカ ここの暮らしは辛いか?

(在这里生活很艰苦吗?)

おトキ でも下界(げかい)に比べりゃずっといいよ、

(但是跟原来比起来要好多了。)

タタラ踏み ウン、お腹いっぱい食べられるし男が威张らないしさ!

(嗯,至少能填饱肚子,也没有男人逞威风!)

アシタカ そうか。

(是吗?) 幽灵公主珊夜袭达达拉城,试图行刺女当家,陷入包围。为了解救珊,阿斯达加使用武力,强行将她带出达达拉,却也因此中弹受伤。

タタラ踏み え~ッ!明日いっちゃうの?もっといればいいのに~ここで働きなよ!

(哎?你明天就要走了?不再多留几天?在这里工作不是很好吗?)

アシタカ ありがとう!どうしても会わなければならないモノがいるんです.....来る...

(谢谢。但是有个人是我必须要去见的。...来了!)

タタラ踏み ええ?!

(咦?)

牛饲い もののけ姫だ!うわあ~ッ!

(幽灵公主来了!哇--)

アシタカ やめろおッ!そなたと戦いたくない!

(停下!我不想和你战斗!)

タタラの人 この野郎!上だ!跳んだぞ!逃がすなあ!屋根の上だッ!御殿のほうへいくぞッ!

(这个混蛋!在上面!跳上去了!不要跑!在屋顶上!向御殿的方向去了!)

彦佐 篝火(かがりひ)を増やせッ!石火矢众は栅を固めて外へ逃がすなッ!

(增加火把!火枪队去围栏处防守,别让她逃跑!)

牛饲い 持ち场を离れるなッ!うろたえるんじゃねえぞ!

(不要离开自己的岗位,别慌张!)

タタラ踏み この屋根の上にいるらしいよ...

(好像就在这个屋顶上!)

タタラ踏み ええッ!?

(咦?)

おトキ 騒ぐんじゃない!休まず踏みな、火を落とすと取り返しがつかないよ!

(大家不要乱!不要停止踩踏,否则火熄灭了就无法收拾!)

エボシ御前 ひとりか?

(一个人吗?)

彦佐 ああ、余程追いつめられたと见えます..エボシさまを狙ってのことでしょう。

(是。好像已经被追得无路可逃了。想直接来攻击你。)

エボシ御前 仕方がない..きなさい..

(没办法 。跟我来。)

タタラの人 止まれ、止まれ! どこどこ?

(停下!停下!哪里哪里?)

エボシ御前
もののけ姫、闻こえるか!?わたしはここにいるぞ、お前が一族の仇を讨とうというのなら、こちらにも山犬に喰い杀された夫の无念を晴らそうと、心に决めたもの达がいる

(幽灵公主,你听见了吗?我就在这里。如果你要为你们族报仇的话,那么我们也要为被山犬吃掉的丈夫报仇。大家都已经下了决心。) ;

タタラ踏み 出ておいでッ!今夜こそケリをつけてやるッ!

(出来吧!今晚跟你一决胜负!)

アシタカ はッ!?

(啊?)

タタラの人 出たあ!いたぞおッ!あんなところにいやがる、もののけ姫だあ!降りて来やがれ!

(出来了!在那里!就在那个地方!幽灵公主!快下来吧!)

彦佐 前を开けろ!流れ弾にあたるぞ!

(前面让开!当心流弹!)

アシタカ 罠(わな)だ!やめろおッ~!山犬の姫、森へ帰れ!みすみす死ぬなあ!退くも勇気だ!森へ帰れぇ~!

(是陷阱!停下!山犬的公主,回到森林里去!不要送死!撤退也是勇气!回森林里去!)

彦佐 あいつ...やはり...

(那家伙果然...)

エボシ御前 好きなようにさせておけ

(不要管他,随他去。)

アシタカ あッ!

(啊!)

彦佐 やったあ!落ちるぞ!

(太好了!掉下来了!)

エボシ御前 动くな!首だけになっても食らいつくのが山犬だ

(不要动!山犬即使只有头也会咬人。)

彦佐 エッ!?

(哎?)

エボシ御前 落ちたところを狙(ねら)いな。

(注意掉落的地方。)

タタラ踏み へい!

(是!)

エボシ御前 放てッ!

(开火!)

彦佐 おお~!やっあ!

(哦!好!)

アシタカ 动くなあ!シッカリしろッ!

(不要动!振作一点!)

サン エイッ!

(嘿!)

アシタカ やめろッ!

(住手!)

やっちまえ

(干掉她!)

逃がしちゃ駄目だよ

(别让她逃走!)

杀せ

(杀!)

兵 ゴンザさま、お気を确かに

(哥特大人,不要紧吧?)

彦佐 俺にかまうが。行け!

(我没事。你们走!)

彦佐 うぬは?やっぱりもののけの类(たぐい)か?止まれ!

(你小子?果然是妖兽的同类!停下!)

アシタカ 退(ど)いてくれ!

(你让开!)

サン エイッ!やッ!

(哎!呀!)

エボシ御前 ナンの真似(まね)だアシタカ?!

(阿斯达加,你这是什么意思?)

アシタカ この娘の命わたしがもらう..

(这个女孩的生命交给我。)

サン ウ~~~ンッ!

エボシ御前 この山犬を嫁(よめ)にでもする気か?

(你想要这只山犬做新娘吗?) _

アシタカ そなたの中には夜叉(やしゃ)がいる、この娘の中にもだ。

(你心中有魔鬼。这个女孩也是。)

サン うえいッ!

(啊!)

アシタカ みんな见ろッ!これが身のうちに巣食(すく)う憎しみと恨みの姿だ!肉を腐(くさ)らせ死を呼び寄せる呪いだ!これ以上憎しみに身をゆだねるな!

(大家快看!这就是隐藏在体内的厌憎与仇恨的样子!这是腐蚀肉体、迎接死亡的诅咒!不能再让怨恨摆布我们了!)

エボシ御前 贤(さか)しらに仅(わず)かな不运を见せびらかすな。..その右腕切り落としてやる!

(用不着给大家展示你的那点不幸遭遇。让我砍下你的右手吧!)

アシタカ ン!

タタラ踏み エボシ様!

(女当家大人!)

アシタカ 谁か、手を贷してくれ!心配するな!じきに気がつく

(谁来帮我一把?不必担心,很快就会醒过来。)

タタラ踏み エボシ様!あ~~、エボシ様~!

(女当家大人!啊,女当家!)

アシタカ この娘、わたしがもらい受ける!

(这个女孩,我带走了!)

タタラ踏み お待ち!逃がしゃしないよ。よくもエボシ様を..!ウゴクんじゃないッ!

(等一下!不能让你逃走。敢伤害女当家大人...不要动!)

タタラ踏み キヨ、やめな! !

(阿清,住手!)

タタラ踏み あッ!当たったのに歩いとる!

(啊!中了弹还能走...)

彦佐 エボシ様は?

(女当家呢?)

石火矢众 ご、ご无事です

(已经没事了。)

彦佐 俺の石火矢を持ってこいッ!石火矢众はここへ集まれい~!このまま逃がしてなるか!

(把我的火枪拿来!火枪队到这里集合!不能就这样放他走!)

タタラ踏み おトキ、早く..!

(多姬!快出来!)

おトキ あ、あんた...

(你...)

牛饲い 旦那!ここは通れねえ!许しがなければ门は开けられねえんだッ!

(少爷,这里禁止通行!没有得到许可是不能开门的!)

石火矢众 どうかお戻りを...あなたは仲间を助けてくださった、敌にしとうありません!どうか...

(无论如何请回去吧!你救了我们的同伴,我们不想与你为敌!无论如何...)

アシタカ わたしは自分でここにきた、自分の足でここを出ていく!

(我是自己来到这里的。我也要用自己的脚出去!)

石火矢众 无理です、十人かかって开ける扉です!

(不行啊,需要十个人才能打开这门!)

牛饲い 旦那、いけねえ!死んじまうッ!

(少爷,不行!你会死的!)

石火矢众 あッ!

(啊!)

彦佐 どけえ~~~いッ!

(让开!)

山犬 ウワン!ウワン!

(呜~~)

彦佐 山犬だあッ!火、火、火、

(是山犬!火,火...)

アシタカ やめろッ!そなた达の姫は无事だあッ!いまそっちへ行く!ヤックル...世话になった..

(停下!你们的公主没事!现在我就带她过去!羚角马...承蒙照顾了。)

牛饲い 行ってしまわれた....

(他走了...)

********************************************************

阿斯达加与珊两人来到野外,阿斯达加失血过多,生命垂危。珊带他进入麒麟兽森林,请麒麟兽为他疗伤。云游僧为捕杀麒麟兽也来到森林,遭遇了由猪神乙事主带领的野猪群。乙事主纠集部下,准备对人类发起大规模进攻。

山犬 がウ~ッ!ガルルルッ!

(呜~~噜~~)

サン
お待ち!わたしの获物(えもの)だよ!お前撃(う)たれたのか?死ぬのか?なぜわたしの邪魔をしたッ!死ぬ前にこたえろッ(等一下!那是我的猎物!你被击中了吗?要死了吗?为什么要阻止我?临死前赶快回答!)

アシタカ そなたを死なせたくなかった...

(不想...让你死...)

サン 死など怖いもんか!人间を追い払うためなら命などいらぬ!

(我才不怕死!为了赶走人类,我不惜生命!)

アシタカ わかっている...最初にあったときから...

(我知道...从最初见面的时候...)

サン 余计な邪魔をして无駄死にするのはお前のほうだッ!その喉(のど)切(き)り裂(さ)いて二度と无駄口叩(たた)けぬようにしてやるッ!

(你阻挡我,白白送死的就是你!切开你的喉咙,你就不能再讲废话!)

アシタカ 生きろ....

(活下去...)

サン まだ言うかッ!人间の指図(さしず)は受けぬ!

(你还说!我不会听人类指使!)

アシタカ そなたは...美しい....

(你...真美...)

サン はッ!

(啊!)

山犬 どうしたサン?俺が噛み砕いてやろうか?

(怎么了珊?让我来咬碎他吧。)

サン ショウジョウたちだ..

(猩猩们...)

山犬 ショウジョウども!我らがモロの一族と知っての无礼か!?

(猩猩们,知道我们是莫挪族,还敢无礼?)

ショウジョウ ここは我らの森、その人间寄越せ。人间寄越してさっさと行け...

(这里是我们的森林。把那个人留下。留下那个人,你们快走。)

山犬 失せろッ! わが牙が届かぬうちに!

(滚开!在我还没咬死你以前!)

ショウジョウ 行け、行け、俺たち人间食う。その人间食う。その人间食わせろ!

(快走,快走。我们要吃人。吃那个人。让我们吃那个人!)

サン ショウジョウたち、森の贤者と称(たた)えられるあなたたちが、なぜ人间など喰おうというのか!?

(猩猩们,你们被称作森林中的智者,为什么还要吃人?)

ショウジョウ 人间喰って、人间の力もらう...人间やっつける力欲しい..だから喰う..

(吃了人,获得人的力量。我们想得到对付人类的力量,所以要吃。)

サン いけない!人间を食べても人间の力は手に入らない!あなた达の血が汚れるだけだッ!ショウジョウじゃなくなっちゃう!

(不行!即使吃了人也不能获得人类的力量,只会污染你们的血统,让你们不再像猩猩!)

ショウジョウ 木植(きう)えた、木植え、木植えた。皆人间抜く。森、戻らない。人间杀したい

(我们种树,种树。人类把树全拔光。森林不能恢复。我们想杀人)

サン 私たちにはシシ神さまがついてる!あきらめないで木を植えて!モロの一族は最後まで戦うから!

(有麒麟兽与我们同在,不要放弃植树的希望!莫挪族会战斗到最后!)

ショウジョウ シシ神様戦わない。ワシらは死ぬ。山犬の姫平気、人间だから..

(麒麟兽不战斗。我们会死。山犬公主没事。因为是人类。)

山犬 无礼な猿めっ!その首噛み砕いてやるッ!

(无礼的猴子!我咬碎你的头!)

サン おやめッ!平気。気にしない。お前たち先に帰りな!この人间の始末(しまつ)は私がする..

(回来!没事,我不介意。你们先回去吧。这个人交给我处理。)

山犬 あいつは?食べていい?

(那个呢?能吃吗?)

サン 食べちゃダメ..さあ、行きな!おいで!仲直りしよう!お前の主人を运ぶから力を贷しておくれ!

(不能吃。快走吧。你过来!让我们和解吧。我要带你的主人走,请过来帮个忙。)

サン お前は贤(かしこ)いね、この岛には上らないほうがいい。人间くさい

(你很聪明呢。还是不要上这个岛比较好。人类的臭味...)

サン さあ、好きな所へ行き、好きに生きな。

(去你喜欢的地方,做你想做的事吧。)

ジコ坊 おおー!出た!ダイダラポッチだ!ついに见つけた!何をしとる、早く见んか。何のためにこんな臭い毛皮を被って耐えてきたんじゃ!

(哦!出来了!荧光巨人!终于发现了!你们干什么,快看!为什么还披着这身臭兽皮,躲在下面?)

唐伞连 シシ神を见ると、目が溃れるわい!

(见到麒麟兽,眼睛就会瞎的!)

ジコ坊 それでも主は西国一の狩人か。この天上さまの书き付けをなんと心得る。天上さまがシシ神退治を认めとるんだ。早くしろ!ダイダラポッチはシシ神の夜の姿だ。今に夜から昼の姿に変わる。そこがシシ神の住み処だ。おお、消えるぞ、あそこだ!

(你还算是西方国度里第一等的猎人吗?这是天朝大王写给我们的旨意。天朝大王认为我们可以对付麒麟兽。快干活!荧光巨人就是麒麟兽在晚上的样子。到了白天,它的样子还会变。那里就是麒麟兽的住所。哦,消失了!就在那里!)

唐伞连 ジコ坊様!

(云游僧阁下!)

ジコ坊 うむ、わかっておる

(嗯,我知道。)

唐伞连 あそこを。

(看那里。)

ジコ坊 なんともおびただしい数だな?

(为什么会有那么多?)

唐伞连 ありゃあこの森のもんじゃねえ。それぞれいづくかの山の名のある主だ。

(它们不是这个森林的。是从其他地方来到这里的各个山头的首领。)

ジコ坊

(哦。)

唐伞连 镇西(ちんぜい)の乙事主(おっことぬし)だ

(镇西的乙事主!)

ジコ坊 镇西?海を渡ってきたというのか?

(镇西?难道它是渡海过来的?)

唐伞连 间违いねえ。あの四本牙(よんほんきば)、一族を率いて来やがったんだ。

(不会错。它有四颗獠牙,带领全族来到这里。)

ジコ坊 ばれたか。引き上げだ。急げ

(被发现了。快跑!赶快)

ジコ坊 早くしろ。跳(と)べ、跳べ!

(赶快行动!跳!跳!)

アシタカ 伤がない...ヤックル..

(伤口消失了...羚角马...)

サン 目が覚めてたらヤックルに礼を言いな。ずっとお前を守っていたんだ。

(如果你醒过来的话,可要向羚角马致谢。它一直在守护你。)

アシタカ どうして、ヤックルの名を...

(你怎么知道羚角马的名字...)

サン 自分から色々话してくれた。お前の事も、故郷の森の事も。シシ神さまがお前を生かした。だから助ける。

(它告诉我很多的事。关于你的事,关于故乡的森林的事。麒麟兽救活了你。所以我也要帮你。)

アシタカ 不思议な梦を见た。金色(こんじき)の鹿(しか)だった

(我做了个不可思议的梦,是金色的鹿...)

サン 食べろ、噛(か)め

(吃吧。咬。)

イノシシ 我らは人间を杀し、森を守るためにきた。なぜここに人间がいる?

(我们为了杀死人类、保护森林而来到这里。为何这里有人类存在?)

モロの君 私の娘だ。人间などどこにでもいる。自分の山に戻りそこで杀せばいい。

(她是我的女儿。人类在什么地方都有,你们回自己的山去杀人吧。) _

イノシシ シシ神の森守るために杀すのだ、なぜ人间がここにいる?

(我们为保护麒麟兽森林而杀人。为何有人类在这里?)

サン この人间の伤はシシ神が愈しだ。だから杀さずに帰す。

(这个人的伤是麒麟兽治好的。所以不能杀他,放他回去。)

イノシシ シシ神は人间を助けた?シシ神は人间を愈(いや)しただと?なぜナゴの神助けなかったのだ?シシ神は森の守って神じゃないのか?

(麒麟兽帮助人类?麒麟兽给人类治疗?为什么不救拿各神?麒麟兽不是森林的守护神吗?)

モロの君 シシ神は命を与えもし、夺いもする。そんなことも忘れてしまったのか、猪(いのしし)どもめ?

(麒麟兽赋予生命也夺取生命。你们难道忘了这件事了吗?野猪们。)

イノシシ 违う!山犬がシシ神をひとつ占めしているからだ。ナゴを助けず裏切ったからだ

(不是!是因为山犬一直独占麒麟兽。所以才没有去救拿各神。)

モロの君 あいつは死を恐れたのだ。いまの私のように。私の体にも人间の毒つぶてが入っている。ナゴは逃げ、私は逃げずに自分の死を见つめている。

(那家伙怕死,就像现在的我一样。我的体内也有人类射入的毒弹。拿各逃走,我不能逃,只有面对死亡。)

サン モロ、だからシシ神様に... ?

(莫挪,可以找麒麟兽...)

もろの君 サン。私は既に十分に生きた。シシ神は伤を治さずに命を吸い取るだろう

(珊,我已经活够了。麒麟兽不能治好我的伤,只会吸走我的生命。)

サン そんなはずない!母さんはシシ神を守ってきた!

(不会是那样!母亲会守护麒麟兽!)

イノシシ かされぬぞ。ナゴは美しく强い兄弟だ。逃げる筈がない。山犬どもが食べたんだ!

(胡说!拿各是我美丽坚强的兄弟,不可能逃跑。是被你们山犬吃掉了!)

サン 黙(だま)れ!母さんは马鹿にすると许せんぞ!

(住嘴!不许侮辱我母亲!)

アシタカ 荒ぶる山の神々よ、闻いてくれ。ナゴの神に止めをさしたのは私だ。村を袭ったタタリ神を私はやむなく杀した。大きな猪神だった。これが证だ。あるいはこの呪いをシシ神がといてくれぬかとこの地へ来た。だがシシ神は伤は愈しても痣は消してくれなかった。呪いがわが身を食い尽くすまで、苦しみ生きろと...

(荒山的众神,请听我说。射死拿各神的人是我。我必须消灭袭击我的村庄的魔崇神。它是巨大的猪神。这个就是证据。为了找麒麟兽消除我身上的诅咒,我来到这里。但是麒麟兽能治好我的伤,却不能消除诅咒。诅咒腐蚀我的身体,到死为止。我痛苦地活着...)

モロの君 乙事主だ。少しは话のわかるやつは来た。

(猪神乙事主。能理解我的家伙来了。)

サン 待った乙事主様。この人は食べではだめ。

(等等乙事主,这个人不能吃。)

乙事主 おー、モロの娘だね?うわさは闻いていたよ。

(噢,莫挪的女儿吧?我听说过你的事。)

サン あなた...目が...

(你的...眼睛...)

乙事主 退いとくれ。食いはしない。

(你退下去,我不会吃他。)

アシタカ 山犬の姫、构わない。ナゴの神の最後を伝えたいから。

(山犬公主,没关系。我要转达拿各神的遗嘱。)

乙事主 ありがとうよ、お若いな。悲しい事ぜ。一族からタタリ神が出てしまった

(谢谢你,年轻人。可悲的事,我族中竟然出现魔神。)

アシタカ 乙事主どの、このタタリを消す术はないのだろうか?

(乙事主殿下,这个诅咒没有办法消除了吗?)

乙事主 森を去れ。次に会う时はお前を杀さねばならん。

(离开森林吧。下次见面时,我们就必须杀死你。)

モロの君 乙事主よ。数だけでは人间の石火矢には胜てぬぞ

(乙事主,只靠你们是无法战胜人类的火枪的。)

乙事主 モロ。わしの一族を见ろ。みんな小さく马鹿になりつつある。このままではわしらはただの肉として人间に狩られるようになるだろう。

(莫挪,你看看我族的成员,全都又小又笨。这样下去我们都会成为人类的捕猎对象。)

モロの君 気にいらぬ。一度にけりをつけようなどと、人间どもの思う壶だ。 _

(虽然难以忍受,但是不要贸然采取行动。否则会落入人类的圈套。)

乙事主 山犬の力を借りようとは思わぬ。たとえわが一族ことごとく灭ぶとも、人间に思い知らせてやる。

(我还没有想过要借用山犬的力量。即使我族全军覆没,也要让人类知道我们的厉害!)

サン シシ神さま?

(麒麟兽?)

***********************************************************

云游僧带领部下唐伞连来到达达拉城,说服了女当家与他联手,设下圈套准备对付野猪群和麒麟兽。夜幕下的山洞外,养好了伤的阿斯达加与莫挪对话,莫挪让阿斯达加尽快离去。猪群开始进攻人类,珊与猪群并肩作战,为了答谢养伤期间珊对他的照顾,阿斯达加将卡雅送给他的玉刀转送给珊作为信物。

エボシ御前 まだ撃つな。引き寄せろ。放て!

(先不要开火,等他们靠近。射击!)

彦佐 弾込め急げ

(快装子弹!)

ジコ坊 やれやれ、エボシのヤツ、相手が违うだろうに?お前たち、先に行き潜んでおれ。

(哎呀哎呀,女当家那家伙,是不是搞错对手了?你们两个先潜伏进去。)

女の兵 见えた。帰ってきたよ

(看到了,他们回来了!)

唐伞连 おかしら!

(首领!)

ジコ坊 おお、苦労をかけるな。そろそろ动く。みなにもそう伝(つた)えよ ,

(噢,你们辛苦了。我们的部队也可以出发了,快去通知大家。)

エボシ御前 ジコ坊か _

(云游僧吗?)

ジコ坊 师匠连から矢(や)の催促だ。田舎侍と游んどる时ではないぞ。

(师匠催促着要箭,现在可不是对付武士们的时候。)

エボシ御前 浅野(あさの)公方が地侍どもをそそのかしているのだ。

(跟我们作战的是浅野大人派来的地方部队。)

ジコ坊 浅野か。大侍だな

(浅野,那可是大官。)

エボシ御前 鉄を半分寄越せと言ってきた

(他想让我们分一半的铁给他。)

ジコ坊 そりゃあ业突(ごうつ)くだ!だが、今は人间とやりあう暇はない。森に猪神が集まっておる。じきに来るぞ。この际鉄など全部くれてやれ。师匠连への约束を果たしてから戦でも何でもやればよかろう

(他也太贪心了。不过,现在可没空跟他们斗。野猪神聚集在森林里,很快就要攻过来。可以把他们要的铁都给他们。先与师匠订立一个约定,然后,不管是战斗,还是做其他的事,都没问题。)

女の兵 エボシさま、お早く。侍が来ます。早く!

(女当家大人,快点。武士们来了。快一点!)

ジコ坊 噂(うわさ)をすれば。あれは浅野の使者(ししゃ)だな。

(他们来得真快,那是浅野派来的使者吧?)

エボシ御前 使者だ。丁重にもてなしなさい。

(是使者。你们要好好招待他们。)

女の兵 はい。

(是。)

女の兵 お帰りなさい _

(您回来了。)

ジコ坊 お、おい。会わんのか?

(喂!不见使者吗?)

使者 タタラ场のエボシとやら。先ほどの地侍相手の戦、见事なり。我らは公方さまの使者として参った。かしこまって门を开け!

(达达拉的女当家,刚才你们与地方部队的武士作战,打得很好。我们是大人派来的使者,你们快恭敬地把门打开!)

女の兵 うん。用があるならそこで言いな!

(哼,有什么事就在这里说好了。)

女の兵 この山はエボシさまがもののけから切り取ったんだ!

(这座山是女当家从妖兽族手中夺回来的!)

女の兵 金になるとわかって手え伸(の)ばしやがって、とっとと帰れ

(你们看到有便宜可占,就想来捞好处?快滚回去!)

使者 女ども、使者への无礼许さんぞ

(女人们,不可对使者无礼!)

女の兵 无礼だってさ!こっちは生まれた时からずっと无礼だい

(什么叫无礼?我们天生就是这样的无礼!)

女の兵 鉄が欲しけりゃくれてやるよ!

(如果需要铁,我现在就给你!)

ジコ坊 いやあ参(まい)った参った、大侍ももののけも眼中(がんじゅう)になしか。エボシタタラの女たちの勇ましい事よ。

(呀,我服了我服了。不管是诸侯还是妖兽,你们都不放在眼里。女当家和达达拉的女人们真勇敢。)

エボシ御前 こんな纸切れが役に立つのか?

(这张纸,会有用吗?)

ジコ坊 まあいろんな辈を集めるには効き目がある。獣とはいえなにしろ神を杀すのだ。

(可以用它召集各方,让大家集合起来对付麒麟兽。)

女达 はい、エボシさま。

(女当家大人好。)

エボシ御前 そなたたちこの书き付けがわかるか。天上(てんじょう)さまのだ。

(你们能看懂这封信吗?天朝大王的。)

女达 天上さま

(天朝大王?)

女达 天上さまって

(天朝大王是?)

エボシ御前 ミカドだ

(就是皇帝。)

女达 ミカド?

(皇帝?)

ジコ坊 いや、参った参った

(呀,我服了我服了。)

エボシ御前 いいよ

(可以了。)

女达 はい。

(是。)

エボシ御前 私たちがここで鉄を作りつづければ、森の力は弱まる。それからの方が犠牲も少なくすむが。

(我们继续在这里炼铁炼钢,森林的力量就会减弱。这样一来各方的牺牲也会减小。)

ジコ坊 金も时间も十分につぎ込んだ。石火矢众四十名を贷し与えたのは鉄を作るためではないぞ。とまあ、师匠连は言うだろうな。

(但是这样会消耗很多金钱和时间。借给你四十名火枪队队员并不是为了炼铁,师匠连一定会这样跟我说。)

エボシ御前 まさかそなたまでシシ神の生首に不老不死の力があると思っていまいな?

(难道你们也相信麒麟兽的首级具有让人长生不老的力量?)

ジコ坊 やんごとなき方々や师匠连の考えはわしにはわからん。わからん方がいい

(我也不知道师匠连的具体想法。不知道可能更好。)

エボシ御前 约束は守る。モロ一族のかわりに猪の群れが森に犇(ひしめ)くならかえってやり易(やす)かろう。崖の裏に潜んでいる怪しげな手下どもを呼び寄せるがいい

(我可以遵守约定。要对付一群聚集在森林里的野猪,比对付莫挪族更容易。你让那些潜伏在悬崖下的没用的手下出来吧。)

ジコ坊 いや、ばれていたか。

(呀,被发现了。)

ジコ坊 そうだ、もう一つ。少年が一人访(たず)ねてこなかったか。アカシシに乗った不思议な少年だが

(对了,还有一件事。有没有一个少年来过这里?骑羚羊的奇异少年。)

エボシ御前 去った。

(他走了。)

女 何か気味が悪いよ

(那些人很可疑。)

甲六 ありゃあただの狩人じゃねえ。ジバシリだ。

(他们不是普通的猎人,是猎杀队。)

男 ジバシリ?

(猎杀队?)

女 あたしたちもお供させてください。

(请让我们也一起去。)

女 あんな连中を信用しちゃあ駄目です

(不能相信那些人。)

女 エボシさまに何かあったら取り返しがつかないもの。

(女当家大人有了什么意外就麻烦了。)

女 折角石火矢を覚えたんだから

(我们刚学会新型火枪的用法。)

エボシ御前 だからこそみんなにここを守って贳いたいのさ。恐いのはもののけより人间の方だからね。

シシ神杀しがすんだら、色々わかるだろうよ。唐伞连(からかされん)の师匠たちがシシ神の首だけでここから手を引くもんかね。侍だけじゃないよ。石火矢众が敌となるかも知れないんだ。男は頼りにできない。しっかりやりな、みんな。

(所以才需要你们大家守在这里。因为人类比妖兽族更加可怕。消灭麒麟兽以后,可能一切都会明朗。唐伞连的师匠们得到麒麟兽的头颅以后,就会甘心收手吗?不止是诸侯派来的武士,火枪队说不定也是敌人。男人们是靠不住的。各位要努力!)

彦佐 エボシさまの事は案ずるな。このゴンザ必ずお守りする。

(不必担心女当家的事,我一定会尽力保护。) __

おトキ それが本当ならね。

(希望是真的。)

彦佐 なにい?

(什么?)

おトキ あんたも女だったら良かったのさ!

(如果你也是女人就好了!)

モロの君 辛(つら)いか?そこから飞び降りれば简単にけりがつくぞ。体力が戻れば、痣も暴(あば)れ出す。

(很痛苦吗?如果你从这里跳下去,所有的事都可以简单地解决。即使你的体力可以恢复,那些疤痕也不会受控制。)

アシタカ 私は何日も眠っていたようだな。梦うつつにあの子の世话になったのを覚えている。

(我好像已经睡了几天。在睡梦中可以感到那女孩在照顾我。)

モロの君 お前が一声でも呻き声をあげれば噛み杀してやったものを、惜しい事をした。

(你只要呻吟一声,我就会咬死你。太可惜了。)

アシタカ 美しい森だ、乙事主はまだ动いていないのか?

(很美的森林。乙事主还没开始行动吗?)

モロの君 穴に戻れ、小僧(こぞう)。お前には闻こえまい。猪どもに食い荒らされる森の悲鸣が。私はここで朽ちていく体と森の悲鸣に耳を倾けながら、あの女を待っている。あいつの头を噛み砕く瞬间を梦见ながら。

(小子,你回洞去吧。你听不见,在猪群的践踏之下,森林正发出悲鸣。我这逐渐老朽的身体,一面在倾听森林的悲鸣,一面在等候那个女人的到来。我做梦都想咬碎她的头!)

アシタカ モロ、森と人が争わずにすむ道はないのか。本当にもう止められないのか?

(莫挪,森林与人类没有办法不再争斗吗?真的已经无法阻止了吗?)

モロの君 人间どもが集まっている。彼奴らの火がじきにここへ届くだろう

(人类正在集结,他们的火很快就要烧到这里.)

アシタカ サンをどうする気だ。あの子も道连れにするつもりか

(那珊怎么办?你想让她也走上绝路吗?)

モロの君 いかにも人间らしい手前胜手な考えだな。サンはわが一族の娘だ。森と生き、森が死ぬ时はともに灭びる。

(不愧是人类,真是自私的想法!珊是我族的女儿,与森林同生,森林死时她也要一起毁灭。)

アシタカ あの子を解き放て。あの子は人间だぞ!

(放过她吧,她是人类呀!)

モロの君 黙れ小僧! お前にあの娘の不幸が愈せるのか。森を侵した人间が、わが牙を逃れるために投げて寄越した赤子がサンだ。人间にもなれず、山犬にもなりきれぬ、哀(あわ)れでみにくい可爱いわが娘だ。お前にサンを救(すく)えるか?

(小子你住口!你能结束她的不幸吗?她是入侵这里的人类为了逃避我的利牙的惩罚,而丢下的弃婴。她既不能做人,也不能成为山犬,身世可怜,却是我可爱的女儿。你能拯救她吗?)

アシタカ わからぬ。だがともに生きる事はできる。

(不知道,但是可以一起生活下去。)

モロの君 どうやって生きるのだ。サンとともに人间と戦うというのか

(怎样生活下去?和她一起与人类作战吗?)

アシタカ 违う。それでは憎しみを増やすだけだ!

(不是!这样只会增加仇恨而已!)

モロの君 小僧。もうお前にできる事は何もない。お前はじきに痣に食い杀される身だ。夜明けとともにここを立ち去れ。

(小子,你在这里什么事也做不了。你的身体被诅咒腐蚀,已经时日无多。天亮后,你就要赶紧离开这里)

サン 歩けたか?

(你能走了吗?)

アシタカ ありがとう。サンとシシ神さまのおかげだ。

(谢谢。多亏了珊和麒麟兽。)

アシタカ ヤックル。心配かけたな!足がすっかり钝(なま)ってしまった

(羚角马,让你担心了!双脚都变软了。)

アシタカ 静かすぎる。コダマたちもいない。タタラ场の臭いが微かに风に混じっている。 _

(太安静了。也没有小树精。微风中混杂着一股怪味,从达达拉方向传来。)

アシタカ 案内ご苦労。一つ頼みがある!サンにこれを渡(わた)してくれ!

(让你领路辛苦了!拜托你一件事!请把这个转交给珊!)

アシタカ 行こう

(走吧。)

サン ひどい臭(にお)い。鼻がもげそう

(这浓烟好臭,鼻子快受不了了。)

モロの君 ただの烟じゃない。私たちの鼻を効かなくしようとしているのさ。

(这不是普通的烟。是想干扰我们的鼻子,让我们无法呼吸。)

サン あの女がいる。こっちに気づいている。

(那个女人来了。好像发现了这里。)

モロの君 见え透(す)いた罠を张(は)ったものだ

(很显然,一个陷阱已经布置好了。)

サン 罠?

(陷阱?)

モロの君 猪どもをいきり立たせて森からおびき出そうとしているのだよ。余程の仕挂けがあるのだろう。

(这些人想把野猪群赶出它们藏身的森林。可能已经布置好了一切。)

サン 教えなきゃ。猪たちは动き始めている。みんなやられてしまう。

(应该去通知野猪们,它们已经开始行动了。大家都会被杀!)

モロの君 乙事主とて马鹿ではない。全てわかっていても猪たちは正面から攻撃したいのさ。それが猪の夸りだからね。最後の一头になっても突进して踏み破る。

(乙事主也不是笨蛋。即使知道那是陷阱,野猪们也会做出正面攻击。这是野猪的骄傲,剩下最后一头,还要全力冲刺。)

サン 木を切り始めた

(开始砍树了。)

モロの君 あれも诱(さそ)いだ。

(那也是诱饵。)

サン 母さん、ここでお别れです。私乙事主さまの目になりに行きます。あの烟に困っている筈だから

(妈妈,我们就在此告别。我要去给乙事主当眼睛。它一定被困在浓烟之中很痛苦!)

モロの君 それでいいよ。お前にはあの若者と生きる道もあるのだが。

(这样也好。你和那个年轻人可以一起生活下去。)

サン 人间は嫌い!...アシタカが、私に?绮丽

(我讨厌人类!...阿斯达加给我的?真漂亮!)

モロの君 お前达はサンとお行き。私はシシ神の侧にいよう

(你们与珊一起去。我要留在麒麟兽身边。)

サン 行こう!

(走吧!)

サン モロ一族もともに戦(たたか)う。乙事主さまはどこか?ありがとう!

(莫挪族跟你们并肩作战。乙事主在哪里?谢谢!)

************************************************************

阿斯达加返回达达拉城,路上他遭遇了前来进攻达达拉的军队,得知达达拉已被敌人包围,而壮年男人们已经跟随女当家进山。他又去找女当家,见到了被唐伞连消灭的野猪群,还有一些正在掩埋同伴尸体的达达拉人。女当家已经带领其他人和云游僧深入密林,阿斯达加预感到珊即将遭遇危险,在山犬的带领下,他也再次进入麒麟兽森林。

アシタカ タタラ场からだ!行こう!

(从达达拉那边传来的枪声!快去!)

侍 ナニモノか?

(什么人?)

アシタカ 侍(さむらい)だ!

(是武士!)

侍 止まれ!

(停下!)

アシタカ 押し通る!

(冲过去!)

侍 来いや!

(来吧!)

兵 こりゃあ魂消(たまげ)た

(真让人吃惊。)

兵 止めたぞ!やるのう

(停下!快射!)

兵 やめとけ、矢の无駄だ!

(别射了,别浪费箭!)

女 早く早く。

(快点快点!)

女 本当だ

(真的!)

おトキ あの人だよ

(是那个人。)

女 幽霊(ゆうれい)じゃないよね

(不是幽灵吧?)

おトキ アシタカさま!

(阿斯达加!)

アシタカ おトキさんか?みんな无事(ぶじ)か?

(是多姬吗?大家都好吗?)

おトキ 见ての通りさ。男たちの留守を狙(ねら)って、侍どもが押し寄せて来やがった。

(你看看,就是这样。男人们都不在家,武士趁机攻过来了。)

女 下はやられちまった。女ばかりと甘く见やがって!

(下面已经被攻陷了,不过不要小看我们女人!)

アシタカ エボシ殿は?

(女当家呢?)

おトキ 动ける男はみんな连れて、シシ神退治(たいじ)に行っちまってる

(她带着男人们一起行动,去对付麒麟兽。)

女 こう囲まれては报せようがなくてさ。

(我们被包围了,无法通知她!)

アシタカ シシ神退治?やはりさっきの音は

(对付麒麟兽?果然刚才的声音...)

甲六 旦那。预(あず)かってましたぜ。

(少爷,我把你的东西准备好了。)

おトキ 何で鞍(くら)と蓑(みの)も持ってこなかったのさ?

(为什么不拿马鞍和蓑衣?)

アシタカ 甲六、ありがとう。エボシ殿を呼びに行く。それまでもつか?

(甲六谢谢你。我去叫女当家,在她回来以前你们能守住吗?)

おトキ いざとなったら融けた鉄をぶっかけてやるさ。

(如果必要,我可以把融化的铁水泼出去。)

男 やった!アシタカさまお愿いします!エボシさまに早く。やあ、外したか。舟が来ますぞ、お早く _

(太好了!阿斯达加拜托了,快去通知女当家。呀,你快走,敌船来了。快一点!)

女 エボシさまを頼みます。私らも戦いますゆえ!

(女当家那边就交给你了,我们也会努力战斗!)

アシタカ 必ず戻る。顽张れ!

(我一定会来,大家加油!)

女达 頼むよ!

(拜托了!)

兵 出たぞ、一骑(いっき)!

(出来了!只有一骑!)

アシタカ 追手(おって)がかかった。頼むぞヤックル。

(追兵来了,羚角马就看你的了!)

アシタカ 生き物の焼ける臭いだ...ヤックル

(是燃烧动物身体的臭味。...羚角马!)

侍 来いや

(来吧!)

アシタカ 来るな!

(不要过来!)

アシタカ ヤックル、伤を见せろ!すまない。ここで待っててくれ、必ず戻る。

(羚角马,让我看看你的伤!对不起,请在这里等候。我一定回来。) _

アシタカ 駄目だ、待ってろ!顽张れ、もう少しだ

(不要这样,等在这里!加油,很快就到了。)

唐伞连 なにものか?

(什么人?)

唐伞连 ここは修罗(しゅら)の庭。余所者はすぐに立ち去れ。

(这里是埋葬死者的地方。无关的人快些离开!)

アシタカ この死者たちの世话になった者だ。急ぎ伝える事がある。エボシ殿に会いたい。

(这些死者曾经照顾过我。现在我有急事,想要见女当家。)

唐伞连 エボシはここにはいない。伝えよう。用向(ようむ)きを话せ!

(女当家不在这里。有什么事告诉我,我帮你转达。)

アシタカ 本人に话す。エボシ殿はどこか?

(我要跟她本人讲。女当家在哪里?)

男 旦那!生きとったんですか?

(少爷!你还活着吗?)

アシタカ 头(がしら)。むごい事になったな。

(老大,没想到发生了这种残酷的事。)

男 まだ何人も埋まってるんでさ

(我们已经埋葬了很多人。)

男 ひでえなんてもんじゃねえ

(这里伤亡惨重。)

アシタカ タタラ场が侍に袭われた!女たちが上の郭に立て篭もって顽张っている。今ならまだ间に合う。

(达达拉遭到武士的袭击!只有女人们还在上面的城墙里努力抵抗。现在回去还来得及!)

男 えれえ事になった。

(会有这种事?)

男 浅野のやつらだ。留守を狙いやがった。

(浅野那家伙干的。趁没人的时候进攻。)

アシタカ エボシ殿はここにはいないのか?

(女当家不在这里吗?)

男 へえ。シシ神杀しに森へ

(不在。她去森林里杀麒麟兽了。)

アシタカ すぐ呼び戻せ。间に合わなくなるぞ!

(快去叫她,否则来不及了!) ] _

唐伞连 用向きがすんだなら即刻立ち去れ。みな仕事に戻れ

(事情办完了就赶快离开这里。你们快回去干活!)

男 おい、ほっとく気かよ

(喂,你不管这件事吗?)

男 ちょっと待ってくだせえ

(请等一下!)

男 やつらタタラ场を见杀しにする気だぞ!

(他们想亲眼见到达达拉被毁!)

男 狩りを待ってたりしたら手遅れになっちまう。

(再等猎人们回来就来不及了。)

男 すぐ使いを出せ。

(立刻派人去找!)

唐伞连 森は深くて広い。使いの出しようがないのだ

(森林又深又广阔,即使派了人也不可能找到。)

男 でもなんでも、あんたらの得意だろうが

(但是你们不是擅长放烟发信号吗?)

男 エボシさまはやつらに踊らされてるんだ。

(女当家被这些家伙利用了。)

アシタカ 攻め寄せた猪のなかに山犬はいなかったか?

(进攻这里的猪群当中,有没有山犬?)

男 え?

(咦?)

アシタカ サン、いやもののけ姫は

(珊...幽灵公主呢?)

アシタカ さあ、わからねえ。真っ黒になって押し寄せてきたから

(不知道啊,猪群黑压压的一片攻向这里。)

男 いました。俺たちは一番上にいたから。

(有。我们在最高处,所以看见了。)

アシタカ それで?

(然后呢?)

男 わからねえ。突然何にもわからなくなっちまった! 1

(不知道!突然就什么都不知道了!)

男 唐伞のやつら俺たちを饵に猪を诱き寄せ、地面ごと吹っ飞ばしやがったんでさあ。上からも地雷花を投げやがった。

(唐伞连的那些家伙让我们当诱饵,引诱野猪进攻,然后从上面投下炸弹,炸毁了地面上所有的东西。)

アシタカ サンはどうした?

(珊怎么样了?)

アシタカ 落ち着け、お前を助けたい!

(冷静一点,我想救你!)

男 山犬だ、山犬が生きてるぞ!

(山犬!山犬还活着!)

男 旦那、何を?

(少爷,干什么?)

唐伞连 どけい。小僧何をしている

(让开。小子你要干什么?)

アシタカ この者に案内を頼むのだ。私がエボシを呼びに行く

(我想拜托它带路,去找女当家。)

唐伞连 さては魔性の类か?どけい!

(原来你是魔兽的同类?让开!)

アシタカ シシ神の首とタタラ场とどちらが大切なのだ!

(麒麟兽的头,与达达拉,哪个重要?)

男 毒针(どくばり)だ!

(毒针!)

男 やめろ!

(停下!)

男 みんな力を出せ、梃子(てこ)を使え

(大家一起用力!使用撬棍!)

男 出たぞ

(出来了!)

アシタカ みんなは沢を下って湖の近くに隠れていてくれ。

(大家到沼泽下面去,在湖边隐藏起来。)

男达 へい!

(是!)

男 お気をつけて。石火矢众もやつらの仲间です。

(你要小心,火枪队也是他们的同党。)

アシタカ 预かってくれ。最後の矢が折れてしまった。お前はみんなと行きな。ヤックルを頼む!

(请帮忙保管。最后的箭也折断了。)

アシタカ サンのところへ。そこにエボシもいる

(到珊那里去。女当家也在那里。)

ジコ坊 ジバシリどもに遅れるな。今日こそけりをつけるのだ。

(猎杀队迟到了。今天一定要成功!)

唐伞连 ジコ坊さま

(云游僧阁下!)

ジコ坊 おお、様子はどうだった。

(噢,情况怎么样?)

唐伞连 深手を负った乙事主は、もののけ姫とさらに森の奥へ向かっております

(身负重伤的乙事主,与幽灵公主一起,逃到那边的森林里去了。)

ジコ坊 やはりシシ神に助けを求める気だ。ぴったり贴り付けよ。人と见破られてはシシ神は出てこぬぞ

(他们果然是想找麒麟兽求救!紧紧地跟上,如果被识破是人类的话,麒麟兽就不会出现。)

唐伞连 言われる迄(まで)もねえ。

(一定遵命。)

エボシ御前 奴の颜に涂ったのは猪の血か

(他脸上涂的是猪血吗?)

ジコ坊 ジバシリの技だ。おぞましいものよ

(猎杀队的技巧。很狡猾吧?)

**********************************************************

森林中,珊与身负重伤的乙事主一起去找麒麟兽求援,途中他们又中了唐伞连的暗算。走投无路的乙事主变成魔神,珊被魔神乙事主的诅咒触须所困,危在旦夕。阿斯达加、女当家一行以及魔神乙事主先后来到麒麟兽出没的湖边,生命垂危的莫挪也在这里。

サン 顽张って。もうじきシシ神さまのお池だから。

(加油,很快就到麒麟兽的池塘了。)

サン 何か来る

(什么东西来了?)

サン 乙事主さま、様子がおかしいの。もうちょっとだから顽张って。

(乙事主,情况很奇怪。快要到了,再努力一下。)

山犬 とても嫌なものが来る

(很讨厌的东西来了。)

サン 何だろう。血の臭いで鼻が効かない。

(什么东西?血的气味干扰了我的鼻子。)

サン ショウジョウたち!

(猩猩们!)

ショウジョウ お前たちのせいだ

(都是因为你们的关系!)

ショウジョウ お前たちのせいでこの森终わりだ!

(因为你们,森林要毁灭了!)

サン 何を言う。森のために戦った者へのこれがショウジョウの礼仪か?

(胡说什么?这样对待保护森林的战士就是你们猩猩的礼仪吗?)

ショウジョウ お前たち破灭连れてきた。

(你们带来了毁灭!) _

ショウジョウ 生き物でも人间でもないもの连れてきた!

(你们带来了不是动物也不是人类的东西!)

サン 生き物でも人间でもないもの?

(不是动物也不是人类的东西?)

ショウジョウ 来た!

(来了!)

ショウジョウ 森の终わりだ!

(森林末日到了!)

サン 戦士たちが?

(野猪战士们?)

乙事主 戻って来た!戻って来た。黄泉(よみ)の国から戦士たちが帰って来た!続け、戦士たち。シシ神のもとへ行こう!

(回来了!回来了,黄泉国的战士们回来了!继续跟我走,战士们!一起到麒麟兽的家去吧!)

サン 乙事主さま落ち着いて。死者は苏ったりしない!戦士の生皮を被って臭いを消しているんだ。中は人间だ!止まって。やつらシシ神さまのもとへ案内させる気なんだ!

(乙事主你要冷静!死去的野猪是不能复活的!那些家伙披着野猪的皮隐藏本来的气味,里面是人类!停下,他们想让我们带路去找麒麟兽!)

乙事主 シシ神よ出でよ。汝(なんじ)が森の神なら、わが一族を苏(よみがえ)らせ、人间を灭(ほろ)ぼせ!

(麒麟兽出来吧。如果你还是森林之神的话,就让我族复活,让人类灭亡!)

サン 乙事主さま、心を静めて

(乙事主!心要平静!)

山犬 囲まれるぞ。そいつはもう駄目だ。舍てて行こう。

(会被包围的,它已经不行了。丢下它,我们快走。)

サン 駄目。今见舍てたらタタリ神になってしまう。お前は母さんにこのことを报せて。人间の狙いはシシ神さまだ。母さんが生きていれば知恵(ちえ)を贷してくれる。お行き。山犬の血を途绝えさせちゃ駄目。いい子

(不行,现在丢下它的话,它就会变成魔崇神。你快去告诉妈妈,人类要对付的是麒麟兽!如果妈妈还活着的话,就会有解决问题的办法。快去吧。山犬的血统不能就这样断绝!好孩子!)

サン 最初の者を杀す。森中にお前たちの正体(しょうたい)を知らせてやる

(先上者先死。在森林里让你们现出原型!)

サン アシタカが

(阿斯达加?)

サン おのれ!

(畜生!)

乙事主 火だ!体が火のようだ

(火!体内好像火在燃烧。)

サン 駄目!乙事主さま、タタリ神なんかにならないで!乙事主さま...

(不行!乙事主千万不能变成魔神!乙事主...) ;

アシタカ 応えた!わかるか?

(有回应了!能听懂吗?)

山犬 サンが危ない

(珊有危险了!)

アシタカ 行こう!

(快去!)

サン 热い

(真热)

サン 嫌だ、タタリ神なんかになりたくない。乙事主さま

(不好!不要变成魔神,乙事主!)

山犬 遅い。乗れ!]

(太慢了。上来!)

男 山犬だ!

(山犬!)

男 出た!

(出现了!)

アシタカ エボシ!

(女当家!)

男 くそ!

(可恶!)

アシタカ 先に行け!エボシ、话を闻け

(你先走。女当家!听我说!)

ジコ坊 やめい、やめい...

(停下,停下...)

エボシ御前 アシタカか?

(阿斯达加吗?)

アシタカ タタラ场が侍に袭われている。シシ神杀しをやめてすぐ戻れ!女たちが戦っている。男たちも山を下った。みなそなたの帰りを待っている

(达达拉被武士袭击。不要去杀麒麟兽了,快回去!女人们正在战斗,男人们也下山了。大家都在等你回去!)

エボシ御前 その话、信ずる证拠は?

(这种话,有什么证据?)

アシタカ ない。できるならタタラ场に留まり戦いたかった

(没有。但是如果可能,我也想留在达达拉作战!)

エボシ御前 シシ神杀しをやめて侍杀しをやれと言うのか?

(你让我不杀麒麟兽,去对付武士吗?)

アシタカ 违う。森とタタラ场、双方生きる道はないのか?

(不是!森林与达达拉,没有共存的方法吗?)

ジコ坊 あいつ、どっちの味方なのだ?

(那家伙到底是哪边的?)

彦佐 エボシさま、戻りましょう!

(女当家,我们回去吧!)

エボシ御前 女たちにはできるだけの备えをさせてある。自分の身は自分で守れと。池だ。シシ神は近いぞ

いよいよ正念场だ。油断するな!

(我已经给了女人们最好的武器装备。她们应该可以保护自己。看见池塘了。麒麟兽应该就在附近。千万不要大意!)

唐伞连 あの女、いなくとも...

(没有那女人也可以。)

ジコ坊 神杀しは恐いぞ。あいつにやってもらわにゃ!

(杀神是很可怕的,就交给她吧!)

アシタカ モロ、死んだのか?...サン!サン、どこだ?

(莫挪,你死了吗?珊!珊,你在哪里?)

サン アシタカ!

(阿斯达加!)

アシタカ 乙事主?

(乙事主?)

唐伞连 去れ、童(わらべ)!

(小子你快滚。)

アシタカ ここで争うとシシ神は出てこぬぞ。

(我们在这里争斗的话,麒麟兽就不会出现。)

アシタカ 乙事主よ、镇まりたまえ!乙事主よ、山犬の姫を返してくれ。サンはどこだ!サン、闻こえるか。私だ、アシタカだ!

(乙事主!请安静下来!乙事主,请把山犬的公主还给我。珊在哪里?珊,听得见吗?是我,阿斯达加!)

アシタカ サン!

(珊!)

唐伞连 あいつを静めろ!

(让他安静!)

唐伞连 杀せ、やつを射杀せ!

(杀!射死那小子!)

アシタカ サン!

(珊!)

サン アシタカ!

(阿斯达加!)

モロの君 やれやれ、あの女のために残しておいた最後の力なのに...

(哎呀哎呀,为了对付那个女人,我还保留了最后的力量。)

唐伞连 结界を张れ!

(组成防御阵线!)

モロの君 お前たち手出しをするんじゃないよ。崇りなんぞ贳うもんじゃない。

(你们两个千万不要出手。不要触犯诅咒。)

モロの君 言叶までなくしたか?

(你连话都不会说了吗?)

ジコ坊 おう、よくやった。もういいぞ、怪我人の手当てをしてやれ。下がれ ;

(噢,你们干得不错。可以休息了。替受伤的人治疗。下去吧。)

ジコ坊 いやいや、恐ろしい眺(なが)めよ

(哈哈,真是可怕的景象。)

**************************************************

麒麟兽终于出现,莫挪与乙事主展开搏斗,阿斯达加趁机将珊救出。麒麟兽杀死了乙事主后,即将变身成为荧光巨人之前,被女当家用火枪射下头颅。云游僧与部下带走了麒麟兽头颅,女当家遭到莫挪最后的反击,失去右臂。找不到头颅的荧光巨人开始发起报复,森林即将毁灭。阿斯达加与珊终于倾心相爱,两人决心合力化解眼前的危机。

ジコ坊 出た!

モロの君 私の娘を返せ!アシタカ、お前にサンが救(すく)えるか?

(把我女儿还给我!阿斯达加,你能拯救珊吗?)

アシタカ シシ神?エボシ、撃つな!エボシ、そなたの敌は他にいる筈(はず)だ!

(麒麟兽?女当家!不要射击!女当家,你的敌人在其他地方!)

ジコ坊 石火矢が効かぬ!

(普通的火枪没有用!)

エボシ御前 首を飞ばさねば駄目か!

(必须把它的头打下来!)

アシタカ サン!死ぬな!

(珊!不能死啊!) ?

ジコ坊 こなんと。シシ神が命を吸い取るのか?いかん。デイダラボッチになるぞ! _

(怎么回事,麒麟兽在吸取生命吗?不行,会变成荧光巨人!)

エボシ御前 みな、よく见届けよ。神杀しがいかなるものか。シシ神は死をも司(つかさど)る神だ。怯えて後れをとるな!

(大家,好好看清楚!马上就要开始杀神了!麒麟兽是掌管死亡之神,不要因为害怕而退缩!)

アシタカ やめろ!エボシ!

(停下!女当家!)

エボシ御前 くそ、化け物め(ばけものめ)!

(可恶,这个怪物!)

ジコ坊 やった。首桶(くびおけ)を急(いそ)げ

(太好了!把装头颅的桶抬过来!)

エボシ御前 ジコ坊。首桶を持って来い

(云游僧,快拿桶来!)

ジコ坊 担(かつ)ぎ手がやられた。早く、早く!

(有个挑夫死了。快点,快点!)

エボシ御前 シシ神の体に触れるな。命を吸い取られるぞ!受け取れ、约束の首だ!

(不要触摸麒麟兽的身体,会被吸走生命!接住,约定的麒麟兽的头!)

彦佐 エボシさま!

(女当家!)

エボシ御前 モロめ。首だけで动きおった...

(莫挪这个怪物,只有头竟然还能动...)

ジコ坊 やばいぞやばいぞ、急げ。ほら、急げって

(糟糕了糟糕了。快点。喂,快点!)

唐伞连 ジコ坊さま!

(云游僧阁下!)

ジコ坊 逃げろ!

(快逃!)

アシタカ 沢へ逃げろ!

(逃到沼泽那边去!)

彦佐 わしは泳げんのだ...

我不会游泳...)

アシタカ 水の底は歩ける

(可以从水底走过去!)

サン そいつを寄越せ、八つ裂きにしてやる!

(把那女人给我,我要将她碎尸万段!)

アシタカ モロが仇(あだ)を讨(う)った。もう罚は受けてる。

(莫挪已经报了仇,她得到应有的惩罚了。)

彦佐 エボシさま!

(女当家!)

アシタカ 手を贷せ

(快来帮忙。)

エボシ御前 余计(よけい)な情(なさ)けを...

(没有必要同情我...)

アシタカ おトキさんたちに连れて帰ると约束した。首を探している。ここも危ない。サン、力を贷してくれ。

(我跟多姬她们约定好了,一定要带你回去。它在找头,这里也很危险。珊,请助我一臂之力。)

サン 嫌(いや)だ。お前も人间の味方(みかた)だ。その女を连(つ)れて、さっさと行っちまえ!

(不行!你也是人类的同伙!带上那个女人,赶快滚吧!)

アシタカ サン...

(珊!)

サン 来るな。人间なんか大嫌いだ!

(别过来!我最讨厌人类!)

アシタカ 私は人间だ。そなたも人间だ!

(我是人类,你也是人类!)

サン 黙れ。私は山犬だ!

(住嘴!我是山犬!)

アシタカ サン!

(珊!) )

サン 寄るな!

(别过来!)

アシタカ すまない。何とか止めようとしたんだ...

(对不起。我已经尽力阻止过了...)

サン もう终わりだ。何もかも。森は死んだ

(全完了,一切都结束了。森林死了...)

アシタカ まだ终わらない。私たちが生きているのだから。力を贷しておくれ!

(还没有结束。因为我们还活着!请助我一臂之力!)

ジコ坊 こら待て、手伝え

(等一下,来帮忙!)

ジコ坊 どいつもこいつも本当に

(你也是,他也是,没用的家伙!) _

ジコ坊 首が动いとる。 _

(这个头在动。)

ジコ坊 こいつが呼んどるんだ!

(它在呼唤自己的身体!)

*******************************************************

达达拉城里的女人和伤病员们依靠新型火枪打退了敌人的进攻。失去头颅的荧光巨人出现在他们面前,驱动诅咒的黑色粘液将达达拉城摧毁。达达拉的幸存者们只得逃入河里。黑色粘液继续蔓延,吞噬着更多的生命。阿斯达加与珊追上了云游僧,从他手中夺回麒麟兽头颅,归还给荧光巨人。太阳出来后,荧光巨人消失了,山谷还绿,森林重生。

石火矢づくり 取れたよ、トキ。

(多姬,我把它拿来了。

)おトキ ありがとう

(谢谢。)

石火矢づくり ヤケに静かだな..

(显得很平静。)

おトキ 夜明けを待つつもりさ

(他们想等待天亮。)

石火矢づくり あの若者はエボシ様に知らせてくれただろうか?

(那个年轻人已经通知了女当家了吗?)

おトキ アシタカ様ならきっとやってくれるよ!もうその辺にきてるかも知れないよ!あ~~あ、だらしない颜してまってぇ..おい!甲六!

(阿斯达加一定能办到。说不定他们已经向这里赶来了!啊~~啊,这是什么难看的睡相!喂!甲六!)

石火矢づくり まあ、寝かしといてやりなよ、

(还是让他多睡一会儿吧。)

おトキ き、気味が悪いよ....

(情况不太对头。)

甲六 あッ!!

(啊!)

おトキ ダイダラポッチだ!

(荧光巨人!)

牛饲い タタラ场人...でたぞお~!

(出来了!)

おトキ 持ち场を离れるんじゃないよッ!

(坚守岗位,不要离开!)

タタラ踏み どうしょおう!こっちに来るよ!

(怎么办?往这里过来了!)

タタラの人 駄目だ、逃げろッ!

(不行!快跑吧!)

おトキ タタラ场を守るんだ!エボシ様と约束したんだ!

(一定要守住达达拉!已经和女当家约定好了!)

タタラ踏み あの人だ、アシタカ様だッ!

(那个人,是阿斯达加!)

アシタカ
みんな逃げろッ!シシ神様が首を取り戻そうと追ってきたんだッ!あのドロドロに触ると死ぬぞ!水の中へいけ、ドロドロが遅くなる!男达とエボシは対岸をこっちへ向かっている、私たちは首を取り戻してシシ神に返す!ゆけ!
_

(大家快逃吧!麒麟兽为了取回头颅而追过来了!碰到那个黑色液体会死!快逃到水中去,黑色液体就会慢下来!男人们与女当家从对岸向这里赶来了!我们要去追回头颅,还给麒麟兽!)

サン アシタカッ!

(阿斯达加!)

タタラ踏み どうしよう~、こっちへ来るよ~どうしよう、おトキ!

(怎么办,往这里来了!怎么办,多姬?)

おトキ 騒ぐンじゃないッ!みんなを湖へ、落ち着いて!

(都不要吵!大家到湖里去,保持冷静!)

タタラ踏み はいッ!

(是!)

おトキ 怪我人や病人に手を贷すんだよ!

(要帮助伤员和病人!)

タタラ踏み きゃあ~~、うわあ~~!

(哎呀!哇!)

おトキ そっちへ行っちゃあ駄目だよッ!

(不能往那边走!)

甲六 お屋根が...駄目だ、タタラ场が燃えちまったらなにもかもおしまいだぁ...

(那座大屋...不行!达达拉燃烧起来了!一切全完了...)

おトキ 生きてりゃなんとかなる!こいつで漕いで、はやく!

(只要我们活着就有办法。还要到更深的地方去!快点!)

サン きた、あそこッ!...お行き!

(来了,在那里!快走!)

アシタカ その首待てえッ!

(那个头,等一下!)

ジコ坊 おおッ、お、お主まだ生きとったか、よかったあ!

(噢,你,你也还活着吗?太好了!)

アシタカ 首をシシ神に返します!置いて速く逃げなさい!

(把那个头还给麒麟兽!放下头,你们快跑吧。)

ジコ坊
バカをいうな、いまさら取り返しがつかん!朝日がでればすべてが终わる!见ろ、命を吸って膨らみすぎたのろまな死神だ、日にあたればヤツは消えちまう!

(别说傻话了,现在怎么可能还回去?只要太阳出来,一切就都结束了!你看,那个吸收生命而无限膨胀的死神,太阳出来后,它就会消失!)

唐伞连 ジコ坊様、追いつかれます!早く!

(云游僧阁下!要被追上了,快点!)

ジコ坊 天土の间にあるすべての者を欲するは人の业(ごう)というモノだ、

(想要得到天地之间的所有的东西,这就是人类的罪业呀!)

アシタカ あなたを杀したくはない、

(我不想杀你。)

ジコ坊 い、いやあ、参ったナァ...怖い颜をするなッ!うりゃあ! 走れ

(呀,不要这样,不要这么凶嘛!看招!...快跑!)

唐伞连 駄目だ!

(不好了!)

サン アシタカあッ!

(阿斯达加!)

ジコ坊 ああ、うわあ~~ッ!いかん、囲まれたあッ!朝日よいでようッ!

(啊!哇!不行,完全被围住了!太阳快出来吧!)

アシタカ 桶を开けよッ!

(把桶打开!)

ジコ坊 わからんヤツだなあ~!もう手遅れだッ!

(你怎么还不明白!已经太晚了!)

サン アシタカ、人间に话したって无駄(むだ)だッ!

(阿斯达加,别跟他讲道理!)

アシタカ 人の手で返したい...

(我想用人类的手归还!)

ジコ坊 ええいッ!どうなっても知らンぞおッ!

(哎!不管发生什么,我都不管了!)

サン あッ! ?

(啊!)

アシタカ シシ神よお!首をお返しするう~!镇まりたまえ!

(麒麟兽啊!我把头还给你!请安静吧!)

ジコ坊 来よる、来よる、来よるぞ!

(来了,来了!它来了!)

女 动かなくなったぞ。

(不动了。)

おトキ 男达だッ!

(男人们!)

牛饲い おお~いッ!

(喂!)

おトキ エボシ様ッ!

(女当家!)

彦佐 ええい、触るなッ!伤にさわる!

(哎,不要碰,会触及伤口!)

牛饲い あ、倒れる、倒れる!掴まれ!离すなッ!

(啊,倒了,倒下去了!抓住!别放手!)

甲六 うわ、うわあ!いやあ、シシ神は花咲か爷だったんだ!

(哇!呀,麒麟兽是开花爷爷呀!)

アシタカ サン、见てごらん!

(珊,你快看!)

サン 苏ってもここはもうシシ神の森じゃない、シシ神様は死んでしまったぁ...

(森林虽然复活了,可是这里不再是麒麟兽的森林。麒麟兽已经死了...)

アシタカ シシ神は死にはしないよ、命そのものだから..生と死と二つとも持っているもの...わたしに生きろといってくれた..

(麒麟兽没有死。因为生命仍然存在。麒麟兽掌管生与死两者。它告诉我,要继续活下去!)

サン アシタカは好きだ、でも人を许すことはできない..

(阿斯达加,我很喜欢你,但是我不能原谅人类。)

アシタカ それでもいい、サンは森でわたしはタタラ场で暮らそう!ともに生きよう!逢いに行くよ!...ヤックルに乗って..

(这样也好。珊住在森林里,我还留在达达拉城。我们一起生活下去!以后我会骑羚角马去看你。)

エボシ御前
ざまあない、私が山犬の背で运ばれ、生き残ってしまった...礼を言おう、谁かアシタカを迎えに行っておくれ、みんな初めからやり直しだ、ここをいい村にしよう。

(太丢脸了,我被山犬驮在背上,还能活着回来。应该向他道谢,谁去接回阿斯达加?大家重新开始吧,再这里重新建设美好的家园。) ,

ジコ坊 いやあ、参った参った、バカには胜てン.

(呀,真是的。傻瓜,差一点就赢了。)

本文地址:http://rendoc.com/bigan/juben/208.html
文章标签:
版权声明:本文为原创文章,版权归 biganzi 所有,欢迎分享本文,转载请保留出处!

文件下载

老薛主机终身7折优惠码boke112

上一篇:
下一篇:

评论已关闭!